人気ブログランキング |
ブログトップ

Life will be beautiful

旦那、その後 ~同僚編~

ちょっとここで、旦那の同僚についてご紹介。

この会社での実働部隊は旦那を含めて3人。
皆、転職組。

まずはSさん。
彼は営業は営業でも新規開拓ではなく、品物をお客さんに届けることを主にしていた。
そのため、ライトバンのようなものに常に商品を詰め込みでかけていた。
3人の中で一番先輩のようなのだが、完全に社長に洗脳されていた。
社長にほぼ毎日怒鳴られて、凡ミスも頻発しており、精神発汗などもみられ、どうみても精神的に異常をきたしているようだった。
旦那が在職中には交通事故も起こしていた。
だが、ある日旦那が「大丈夫ですか?」と声をかけたら「なんですか?どうもないですよ」と何か問題でも?と言いたげな態度をとられたとのことであった。
Sさんを正常な感覚に戻してあげることはそう容易なことでもなさそうだった。
ましてや自分のことが精一杯で彼のことまで手が回らない状況であったため、以後Sさんとの絡みはなくなった。

次にWさん。
旦那入社後の教育係を担当してくれた方。
歳は旦那より一回り近く年下。
時々謎の早退をしていたが(社長容認)、後に早退の理由が明らかに。
この会社に入社後、詳細にはかけないが、刑事事件を起こして裁判所に行く必要があり、早退していたとのこと。
そして、旦那の教育がひと段落したら、退職予定ということも分かった。

Wさんは最初、旦那が道を覚えたりするのが遅いため、しばしばいらいらした姿をみせていたが、旦那が一度飲みに誘って、そこで打ち解けた。
そして、知ったことは、端的にいうと、社長がその刑事事件をネタに安い給料で彼を働かせていたという事。
↑はこちら側の表現だが、社長からすると「すぐ首にもできるけど、それじゃあかわいそうだろう。だから、少しを猶予を与えてあげた」というスタンス。
旦那は社長が「ほんとは秘密だけど」とかいいながら、旦那に事件の話をしてきたため、内容を知っていたのだが、Wさんの人となりを知った後は「本当にそんな事件を?会社のストレスのせいじゃ?」と思っていた。
だから、Wさんとの会話の中ではもちろん知らないフリをしていたわけだが、その悪条件での仕事もWさんは「会社に迷惑をかけたから仕方ない」と考えていた。
Wさんは月給から時給に変えられ、社会保障も残業代も支払われないという状態。
先輩と言えども中途採用で、数年しか働いていないため、もちろん会社規定にのっとり退職金も支払われず。
どうやら社長は社労士からアドバイスをもらいながら、会社に不利にならないような形で、彼を退職に追い込んでいるようだった。
客観的にみれば、社長は社員のことを考えた「やさしい人」だが、内情を知っていると安月給で働いてくれるいいカモを見つけたと喜んでいる悪人でしかない。
Wさんは旦那と飲みに行った際、旦那が「僕は君が何をしたか知らないけど、社長にあんな扱いをうけなきゃいけない人じゃないと思っている」と言ったところ、涙ぐんで「もっと早く(旦那と)出会いたかった。ありがとうございます」と言ったらしい。
旦那のみならず、相当精神的に追い込まれているんだと分かった瞬間だった。

Wさんとは結果的に退職時期が重なったため、事務的なことで数回連絡をとっていたが、以後はわからず。
元気であることを祈ります。

# by dckuma | 2018-09-07 13:07 | かぞくのこと | Comments(0)

旦那、その後 ~豹変編~

実はまだこの時点で、完全にブラックとは思っていなかったワタクシ。
回顧して、あの時にすでにその片鱗あったじゃん!と今になって言ってるだけ。
当時は「ちょっと変な会社だね」ぐらいの捉え方だった。

でも、2か月間の研修期間を終える頃、旦那が徐々に憂鬱そうになっていった。
というのも、研修期間は先輩社員について回っていたため、旦那自身が直接怒られるということはなかったのだが、研修期間が終われば、独り立ち。
自分もあんな風に怒られるのか・・・、とため息の日々。
どうやら他の社員には怒鳴り散らし、社長夫人の専務はヒステリックに怒っていたらしい。

だけど、私は心の中で、「そんな大げさな」と思っていた。
そして、いい年して、社長に怒られること前提でビクビクしている旦那を冷ややかな目で見ていた。

そんなある日のこと。
社長から今度歓迎会をするとのお声掛けがあった。
飲み会好きの旦那はみんなとの距離を縮めるいいチャンスだと、楽しみに出かけて行った。

だが、蓋を開けてみると飲み会は社長と専務の社長夫人と旦那の3人。
他のメンバーはいなかったのだ。
それでも、社長と打ち解ける機会だと頑張る旦那。
お酒もたくさん飲んで、いろんな話をして思ってたよりは楽しい時間だったようだ。
帰宅後、「仕事場では怖いけど、案外オンとオフがはっきりしている夫婦みたい」と言っていた。

それからしばらくして、研修期間は終了し、とうとう独り立ちの日がやってきた。
やはり先輩社員がいなくなると道路事情を知らない旦那の動きは一気に鈍くなる。
最初は旦那に対して穏やかに接していた社長も次第に旦那に対して声を荒げるようになっていった。
残業がないと謳っていた会社だが、「あなたの仕事が遅いから帰れないんだよ」と残業代も支払われず。
GPSで行動制限され、昼食もコンビニのおにぎりを社用車で慌てて食べる日々。
しまいには旦那のプライベートにまで口を挟み、「家に帰って晩酌するとは緊張感がない」「あの時(歓迎会)はかなり飲んだな。ビール代だけでももらえばよかった」
など言うようになった。
毎日のように罵声を浴びせられ、旦那も精神的に参り、ミスもちらほら。

それでも私は、基本旦那は愚痴っぽいところがあるので、当初↑の話を8割ぐらいにきいていた。

そんなある夜のこと。
旦那が帰宅後に「もしかしたら近いうちに給料が下げられるかもしれない」と言ってきた。
ただでさえ薄給なのにこれ以上下げるってどういこと!?

で、詳しく聞いてみると、きっかけがあった。

精神的に追い詰められた旦那はとある日のこといつものように社長と専務から怒鳴られ、思わず帰宅時のロッカーのドアをバン!と強く締めてしまった。
その態度に逆上した専務が「なんなのよその態度!!」とヒステリックに叫んだ。

確かに感情をあらわにしてしまった旦那はよくない。
でも、積もりに積もった結果でもある。
旦那は帰宅後自分の態度を反省し、翌日から気持ちを改めて、仕事にでかけた。

だが、その日を境に旦那の立ち位置は奈落の底まで落ちてしまった。
事あるごとに専務から「なんなのその目つき」「なんなのその態度」「自分の置かれている立場わかってるの?」と旦那の一挙手一投足にイチャモンをつけてきた。
そして、その数週間後、社長より「こっちが望む働きをできていないから給料を下げる」ような話をしてきたのであった。

とはいえ、まだ独り立ちして1か月程度。
いくら中途の経験者とはいえ何のコネクションもないアウェイの土地で1か月で望むような業績を上げるというのは無謀では?
いや、そんなものなのだろうか。
私にはわからなかったが、旦那の尻を叩くための手荒な手段なのかもとも思った。

しかし、彼らは本気だった。

# by dckuma | 2018-08-29 00:48 | かぞくのこと | Comments(0)

旦那、その後 ~気付き編~

お久しぶりの旦那の話。

どこまで話したか思い出せないが、確か義母の話の合間に旦那の仕事話を織り込んだような。
ということは旦那が無職になったという話が最後かな?

実はその後、それまでにも十分すぎるぐらいいろいろあったのに、トドめの出来事があった。

いわゆるブラック企業に入社してしまったのだ149.png149.png149.png

あれは約1年前のこと。
営業方針が合わず、私の知らない間に話が進んでいた建設関係の仕事に転職したものの数日でリタイアした後、2ヵ月間就活が続いた。
最初の転職時よりは状況ははるかに悪く、なかなか面接までこぎつけることができなかった。
それもそうだ。
初回の転職時より2歳も年を取り、履歴書には短期間勤めては辞めた記録が付け足されている。
特別な経歴もなければ資格もない。
書類の時点でアウトなのは客観視すれば当然のことである。

でも、旦那にもいいところはある。
一旦はまれば、集中力があるし、根性はある。
この一連の転職騒動においてはかなり自分自身のいけない点を反省しているし、きっと新たな就職先でそれは生かされるはず。
幸か不幸か場数踏んで、面談にも慣れてきたし、逆に言うと面談までこぎつければある程度魅力増しに対応できるのでは?

だから、ひたすら少しでもいいかな?と思うところには応募を続けた。
それはありとあらゆる転職サイトだったり、ハローワークだったり。
そうこうしているうちに10件に1件ぐらいはひっかかるようになってきた。

ただ、面談までいける会社って大体2パターン
一つは原則全例面接。
そして、もう一つは退職者が多い会社。
圧倒的に後者が多いんですけど。
退職者が多いというのは会社としての魅力が乏しいところ。
求人の見た目条件がアウトなところは求職者側で選別できるのでまだ良しとして、入ってみたら140.pngな会社はいわゆるブラック企業の可能性が高い。

そして、無職生活が2ヵ月ぐらい経過した頃、とある会社が旦那に興味を示してくれた。
小さい会社だったが、旦那の過去の経歴をかって、即戦力としてぜひ来てほしいとの事であった。
転職活動初期には前職と同じような業種を希望していたのだが、この頃には諦め、幅広くいろんな業種をあたっていた。
そんな中で同業種の会社からのオファー。
取扱商品は若干異なるが、いずれここでの仕事が安定すれば、以前勤めていた会社で今も連絡をとっているお客さんとまた仕事ができるかもしれない。
期待に胸が膨らむ旦那。
とりあえず面接に行くことになった。

社長と社長の妻が専務を務める小さな会社。
旦那の経歴を見て「うちのやり方を覚えてもらって、それから自分のやり方をとりいれてもたったらいい」そんなスタンスだった。
給料もスタート時点は結構低いが成果によっては必ずそれに見合った額を出すとも言っていた。

帰宅後、「すごくやり手っぽい社長だった。↑とも言っていたし、悪くはないような気がするけど、給料がやっぱりねぇ。せめて交通費だけでも満額出してほしいんだけど」と旦那。
「それなら交渉してみれば?」
ということで、メールで交渉してみることに。
すると、お返事ではOKとのことであった。

ただ・・・
・交通費を上限超えて出すのは初めてであることの念押し
・今回人材派遣会社を介しているため、自分たちが仲介手数料を払う必要があること
・だから、それ以上の働きをしてもらう必要があるので、2-3年は最低働いてもらう
・喫煙は勤務中はもちろん通勤、帰宅途中もだめであること

なども書かれていた。
この時点で、旦那は妙に細かいなと思ったが、背に腹は代えられない状況でもあったため、目をつぶった。

そして、入社。

まずは年下の先輩社員に同行して営業活動を行った。
基本営業範囲は福岡県内なので、社用車での移動であったが、福岡に来てまもない土地勘のない旦那は次第に不安を感じるようになった。
先輩社員が常に時間に追われているように運転していたからだ。
というのも1日に訪問する会社は20~30件。
勤務時間内にすべてを回るためにはかなりの効率性を要する。

で、ある日のこと。
先輩社員に言われて、練習として旦那が運転することになった。
しばらく走っていると、先輩社員の携帯が鳴った。

社長からだった。

その電話を受けた後、先輩は「僕が代わります」と言って、運転を代わることになった。
どうやら社長が「誰が運転してるんだ?のろのろと走って、どこに向かってるんだ?間に合わないから代われ!」といってきたのだ。

で、ここで疑問が生じるであろう。
会社にいる社長がなぜゆえに車の走行を把握しているのか。

旦那はこの時初めて知った。
社用車がGPS管理されていることに。
そして、ふと思い出す。
社長の席の近くにあるモニターの存在を。

タクシーや運送会社ならわかる。
でも、営業でGPS・・・。
と思っていたが、前にエステティシャンとの施術中の会話で、「昔勤めていた会社がブラック企業で、営業マンがみんなGPSつけられてたんですよ!」って言ってたのを思い出した。

ってことは・・・?

ブラック企業 !?

つづく

# by dckuma | 2018-08-16 01:28 | かぞくのこと | Comments(2)

なんで今!?

時々私はぞわぞわする。

それは突然やってくる。
車を運転しているとき、トイレに入っているとき、歩いているとき。

体の奥の方から頭全体にじゅわーっと染み出すように広がる。

その正体はあれもしたい!これもしたい!という溢れる衝動である。

だが、そのぞわぞわを形にしようと落ち着くと、記憶の彼方遠くへ行ってしまう。
とってもいいアイディアだった・・・ハズ!
すごくやる気に満ち溢れていた・・・ハズ!

なのに・・・、いつの間にか思い出せなくなってしまう。

その場でメモできたらいいけど、大抵の場合、状況的に難しい。
ボイスメモという手もあるけど、なんだか声に出した瞬間色褪せてしまう。
私の思ったまま感じたままをそっくりそのまま保存する方法はないのだろうか。

皆さんもそんなことありません??

# by dckuma | 2018-07-27 01:22 | ひとりごと | Comments(2)

自分にできること

毎日のようにいろんな事件、事故起こる。

そんな中でも私が今でも忘れることができないニュースがある。
それは約25年ほど前にあった「いじめを苦にした自殺」である。
当時はそれはセンセーショナルにテレビや新聞で取り上げられていた。
彼が残した遺書にはいじめに関与した主犯格を含めた数名の生徒の名前が書かれていた。
そして、家族には先立つ不孝を詫び、これまで育ててくれた感謝の言葉が述べられていた。

いじめによる自殺は毎年テレビで取り上げられるぐらい後を絶たない。
当時もそうだった。
でも、私にとってその時のニュースはものすごく衝撃的で、ショックなものであった。
一時的には医学の道をやめて、当時の文部省(当時)などを目指そうかと思ったぐらいであったが、今思えば文部省の人がいじめ対策にどれだけ尽力しているのか、疑問に思うところではある。

そして、最近この25年前のニュースと同じように衝撃が走る事件があった。
おそらく知らない人はいないであろう、涙を流さずにはいれなかったであろうニュース。
「5歳の女の子の虐待死」である。

彼女がえんぴつで書いたという反省文は魂の叫びだった。
次々と明らかになっていく彼女が置かれていた環境を耳にするたび胸が締め付けられる思いがする。
正直目を背けたくなる。

でも、覚えたてのひらがなで一生懸命書いたあの文章を決して無駄にしてはいけない。

心をえぐられるほどの衝撃を得たのに、日に日にニュースで目にする機会が減っていくに従って、記憶が薄らいでく。
そして、また同じような事件が起こってしまう。
親を非難することは容易だ。
だけど、何よりも大事なことはこの悲劇を二度と起こさないようにすること。

理想的なことを言えば、虐待が起こる環境をなくすことが大事だが、根本解決以前に現在起こっている虐待からの子供の救済が急務だ。
やはり、児童相談所だけでは対応できない案件も多いので、警察との連携がスムーズに取れるようにすることが大切。
現在この関係構築ができている自治体は日本でもほんのわずかとのこと。
専門家曰く、児童相談所の縦割り社会のせいで「自分たちでどうにかしないと」的な風潮が根強いよう。
そんなこと傍から見れば、誰のための児童相談所なんだって言いたくなるのだが、組織の一員にいると案外気づかない。
しかも、職員が少ないため、一人当たりの対応件数もかなりのものという。
月に一人当たり10~20件の虐待対応をしながら、養護施設などの対応もとなると忙しさは想像に難くない。
ただでさえ、繊細なケアを要するというのに多すぎる案件はどうしても表面的、事務的になりやすい。

今回の事件は徳島から東京に引っ越しして間もなく起こった。
互いの自治体への批判もあるようだが、やはり当該自治体の責任はあると思う。
香川で一時保護を複数回されていたという事実だけでも、その時点で緊急性がなくてもいずれ緊急度が増すことは容易に想像できた。
しかも、傷害罪で起訴された後に周囲の目から逃げるために転居をすることも少なくないと聞く。
振り返ればいくらでも網にひっかかる機会はあった。
けれども、最悪の事態。

自相の人員確保や警察との連携、保護後の対応など問題は山積みだが、これらについては自治体にまかせるしかない。
もうこればかりはお役所が今回のことを真摯に受け止めて、一番いい改善策を早急に出してくれることを信じるのみである。

ただ私たちはどうすべきなのか。

かわいそうだと言って涙ぐむこともひどい親だと批判することもどれも悲しい事件が起こった後のこと。
やはりこのようなこと感じたり、思わなくて済む世界がいい。
事件が起こった時だけ騒いでいては野次馬と一緒。
常にこの問題について考えること、知ることが何よりも大事なのではないだろうか。
みんなの意識が変わることが、長い目で見て予防につながると思う。

ということで、これから時々この虐待問題についても私なりに勉強したこと、感じたことをアップしていきたいと思います。


# by dckuma | 2018-07-13 16:12 | しゃかいのこと | Comments(2)

妻として、母として、医師として