ブログトップ

Life will be beautiful

<   2018年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

旦那、その後 ~豹変編~

実はまだこの時点で、完全にブラックとは思っていなかったワタクシ。
回顧して、あの時にすでにその片鱗あったじゃん!と今になって言ってるだけ。
当時は「ちょっと変な会社だね」ぐらいの捉え方だった。

でも、2か月間の研修期間を終える頃、旦那が徐々に憂鬱そうになっていった。
というのも、研修期間は先輩社員について回っていたため、旦那自身が直接怒られるということはなかったのだが、研修期間が終われば、独り立ち。
自分もあんな風に怒られるのか・・・、とため息の日々。
どうやら他の社員には怒鳴り散らし、社長夫人の専務はヒステリックに怒っていたらしい。

だけど、私は心の中で、「そんな大げさな」と思っていた。
そして、いい年して、社長に怒られること前提でビクビクしている旦那を冷ややかな目で見ていた。

そんなある日のこと。
社長から今度歓迎会をするとのお声掛けがあった。
飲み会好きの旦那はみんなとの距離を縮めるいいチャンスだと、楽しみに出かけて行った。

だが、蓋を開けてみると飲み会は社長と専務の社長夫人と旦那の3人。
他のメンバーはいなかったのだ。
それでも、社長と打ち解ける機会だと頑張る旦那。
お酒もたくさん飲んで、いろんな話をして思ってたよりは楽しい時間だったようだ。
帰宅後、「仕事場では怖いけど、案外オンとオフがはっきりしている夫婦みたい」と言っていた。

それからしばらくして、研修期間は終了し、とうとう独り立ちの日がやってきた。
やはり先輩社員がいなくなると道路事情を知らない旦那の動きは一気に鈍くなる。
最初は旦那に対して穏やかに接していた社長も次第に旦那に対して声を荒げるようになっていった。
残業がないと謳っていた会社だが、「あなたの仕事が遅いから帰れないんだよ」と残業代も支払われず。
GPSで行動制限され、昼食もコンビニのおにぎりを社用車で慌てて食べる日々。
しまいには旦那のプライベートにまで口を挟み、「家に帰って晩酌するとは緊張感がない」「あの時(歓迎会)はかなり飲んだな。ビール代だけでももらえばよかった」
など言うようになった。
毎日のように罵声を浴びせられ、旦那も精神的に参り、ミスもちらほら。

それでも私は、基本旦那は愚痴っぽいところがあるので、当初↑の話を8割ぐらいにきいていた。

そんなある夜のこと。
旦那が帰宅後に「もしかしたら近いうちに給料が下げられるかもしれない」と言ってきた。
ただでさえ薄給なのにこれ以上下げるってどういこと!?

で、詳しく聞いてみると、きっかけがあった。

精神的に追い詰められた旦那はとある日のこといつものように社長と専務から怒鳴られ、思わず帰宅時のロッカーのドアをバン!と強く締めてしまった。
その態度に逆上した専務が「なんなのよその態度!!」とヒステリックに叫んだ。

確かに感情をあらわにしてしまった旦那はよくない。
でも、積もりに積もった結果でもある。
旦那は帰宅後自分の態度を反省し、翌日から気持ちを改めて、仕事にでかけた。

だが、その日を境に旦那の立ち位置は奈落の底まで落ちてしまった。
事あるごとに専務から「なんなのその目つき」「なんなのその態度」「自分の置かれている立場わかってるの?」と旦那の一挙手一投足にイチャモンをつけてきた。
そして、その数週間後、社長より「こっちが望む働きをできていないから給料を下げる」ような話をしてきたのであった。

とはいえ、まだ独り立ちして1か月程度。
いくら中途の経験者とはいえ何のコネクションもないアウェイの土地で1か月で望むような業績を上げるというのは無謀では?
いや、そんなものなのだろうか。
私にはわからなかったが、旦那の尻を叩くための手荒な手段なのかもとも思った。

しかし、彼らは本気だった。

[PR]
by dckuma | 2018-08-29 00:48 | かぞくのこと | Comments(0)

旦那、その後 ~気付き編~

お久しぶりの旦那の話。

どこまで話したか思い出せないが、確か義母の話の合間に旦那の仕事話を織り込んだような。
ということは旦那が無職になったという話が最後かな?

実はその後、それまでにも十分すぎるぐらいいろいろあったのに、トドめの出来事があった。

いわゆるブラック企業に入社してしまったのだ149.png149.png149.png

あれは約1年前のこと。
営業方針が合わず、私の知らない間に話が進んでいた建設関係の仕事に転職したものの数日でリタイアした後、2ヵ月間就活が続いた。
最初の転職時よりは状況ははるかに悪く、なかなか面接までこぎつけることができなかった。
それもそうだ。
初回の転職時より2歳も年を取り、履歴書には短期間勤めては辞めた記録が付け足されている。
特別な経歴もなければ資格もない。
書類の時点でアウトなのは客観視すれば当然のことである。

でも、旦那にもいいところはある。
一旦はまれば、集中力があるし、根性はある。
この一連の転職騒動においてはかなり自分自身のいけない点を反省しているし、きっと新たな就職先でそれは生かされるはず。
幸か不幸か場数踏んで、面談にも慣れてきたし、逆に言うと面談までこぎつければある程度魅力増しに対応できるのでは?

だから、ひたすら少しでもいいかな?と思うところには応募を続けた。
それはありとあらゆる転職サイトだったり、ハローワークだったり。
そうこうしているうちに10件に1件ぐらいはひっかかるようになってきた。

ただ、面談までいける会社って大体2パターン
一つは原則全例面接。
そして、もう一つは退職者が多い会社。
圧倒的に後者が多いんですけど。
退職者が多いというのは会社としての魅力が乏しいところ。
求人の見た目条件がアウトなところは求職者側で選別できるのでまだ良しとして、入ってみたら140.pngな会社はいわゆるブラック企業の可能性が高い。

そして、無職生活が2ヵ月ぐらい経過した頃、とある会社が旦那に興味を示してくれた。
小さい会社だったが、旦那の過去の経歴をかって、即戦力としてぜひ来てほしいとの事であった。
転職活動初期には前職と同じような業種を希望していたのだが、この頃には諦め、幅広くいろんな業種をあたっていた。
そんな中で同業種の会社からのオファー。
取扱商品は若干異なるが、いずれここでの仕事が安定すれば、以前勤めていた会社で今も連絡をとっているお客さんとまた仕事ができるかもしれない。
期待に胸が膨らむ旦那。
とりあえず面接に行くことになった。

社長と社長の妻が専務を務める小さな会社。
旦那の経歴を見て「うちのやり方を覚えてもらって、それから自分のやり方をとりいれてもたったらいい」そんなスタンスだった。
給料もスタート時点は結構低いが成果によっては必ずそれに見合った額を出すとも言っていた。

帰宅後、「すごくやり手っぽい社長だった。↑とも言っていたし、悪くはないような気がするけど、給料がやっぱりねぇ。せめて交通費だけでも満額出してほしいんだけど」と旦那。
「それなら交渉してみれば?」
ということで、メールで交渉してみることに。
すると、お返事ではOKとのことであった。

ただ・・・
・交通費を上限超えて出すのは初めてであることの念押し
・今回人材派遣会社を介しているため、自分たちが仲介手数料を払う必要があること
・だから、それ以上の働きをしてもらう必要があるので、2-3年は最低働いてもらう
・喫煙は勤務中はもちろん通勤、帰宅途中もだめであること

なども書かれていた。
この時点で、旦那は妙に細かいなと思ったが、背に腹は代えられない状況でもあったため、目をつぶった。

そして、入社。

まずは年下の先輩社員に同行して営業活動を行った。
基本営業範囲は福岡県内なので、社用車での移動であったが、福岡に来てまもない土地勘のない旦那は次第に不安を感じるようになった。
先輩社員が常に時間に追われているように運転していたからだ。
というのも1日に訪問する会社は20~30件。
勤務時間内にすべてを回るためにはかなりの効率性を要する。

で、ある日のこと。
先輩社員に言われて、練習として旦那が運転することになった。
しばらく走っていると、先輩社員の携帯が鳴った。

社長からだった。

その電話を受けた後、先輩は「僕が代わります」と言って、運転を代わることになった。
どうやら社長が「誰が運転してるんだ?のろのろと走って、どこに向かってるんだ?間に合わないから代われ!」といってきたのだ。

で、ここで疑問が生じるであろう。
会社にいる社長がなぜゆえに車の走行を把握しているのか。

旦那はこの時初めて知った。
社用車がGPS管理されていることに。
そして、ふと思い出す。
社長の席の近くにあるモニターの存在を。

タクシーや運送会社ならわかる。
でも、営業でGPS・・・。
と思っていたが、前にエステティシャンとの施術中の会話で、「昔勤めていた会社がブラック企業で、営業マンがみんなGPSつけられてたんですよ!」って言ってたのを思い出した。

ってことは・・・?

ブラック企業 !?

つづく

[PR]
by dckuma | 2018-08-16 01:28 | かぞくのこと | Comments(2)

妻として、母として、医師として