ブログトップ

Life will be beautiful

<   2018年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

バトル翌日

翌日の朝、もちろん義母は我が家に現れなかった。
一方、一晩経って私の心は晴れるどころか荒れ狂っていた。

今まで生活習慣が異なる人間同士が近くにいれば、多少の行き違いはある。
だから、多少の人間関係の不快感は覚悟していたし、時間がかかってもいずれは段々角が取れて、丸くなっていくだろう。
ドラマで観るような嫁姑関係とも違ってたし、ココで時々吐き出せばうまく付き合っていけるだろう。

そう考えていた。

だが、昨日の一件で、私の考えは甘かったとわかった。
私なりに頑張ってきたことは義母にとっては「鍵」一つで壊れるような「しょうもないこと」であり、私の自己満足に過ぎなかったのであろう。
だとしても、義母にあんな言われ方をするようなひどいことをしたわけでもなく、「ストレスがたまっていた」「虫の居所が悪かった」などの精神面を考慮したとしても到底納得できるものではない。
もう限界かも・・・。
義母には関西に戻ってもらおう。
でも、旦那にとっては唯一血のつながった家族。
本当にそれでいいのか?

仕事の間もずっとそのことばかり考えていた。
その日暇だったことが唯一の救いであった。
そして、最終的に決めたことは「義母の今日の態度で決めよう」ということであった。

仕事からの帰宅途中、義母との戦いに備えていろんな文言を考えていた。
日中旦那からメールが入り「だいぶ落ち着いている、昨日のことを反省しているみたい」とのことであったが、今回ばかりは「ああそうですか」と素直に許せる状態ではなかった。
旦那には「ごめん、だからと言ってすぐには許せない。言いたいことは言わせてもらう」と伝えた。

家に帰ると、義母の靴が我が家の玄関にあった。
旦那が玄関まで来て、ハル君を抱っこした。
その後ろに義母の姿が見えたが、私は無視をした。
服を着替えた後、キッチンに行き、ハル君の夕飯の支度をした。
義母は私に話しかけるタイミングを見計らっていたようだった。

そして
「dckumaさん」
無視する私。
するともう一度「dckumaさん」と義母。
「なんでしょうか?」
私は突き放すような言い方をした。
「昨日はごめんなさい。あんなことを言って、私どうにかしてた。本当にごめんなさい。」
「申し訳ないですけど、謝られたからと言ってすぐに許すことはできません。」
「そうよね。すぐに許してとは言わない。でも、時間がたってもどうしても許せなかったら言って。私ここを去るから。」
許せなかったら言って?これって、私が言えないこと分かってて言ってるよね?と心の中で思う。
「なんですか?その上から目線な言い方。」
「上から目線だなんて・・・そんなつもりは全然ないの。ただ言い訳がましいけど、これからの生活が不安で・・・。dckumaさんには言えないけど、Mの仕事も決まらないし、借金して生活するのも限界があるし、いつまでもdckumaさんに甘えるわけいかないし、そんなこと考えてたら自分が邪魔じゃないかと思って。昨日鍵がかかっていた時そんな気持ちが爆発して締め出された!と思ってしまったの。本当にごめんなさい。」
「でも、鍵が原因だとしても怒りの矛先を私に向けたということは普段から私に対してそういった思いがあったからですよね?」
「そんなことは決してない。昨日は本当に私がどうかしてた。自分でもなんであんなことを言ったのか、夜になって自分に腹が立ったし、恥ずかしくて朝は顔も出せなかった」
「昨日は特にハル君が3日間病児保育に通って、明日熱が出たら4日目はどこの病児に預けようか考えたり、Mが内定をもらったからそれについても話さなければならなかったのにお義母さんのせいでそれどころじゃなくなったんですよ。いい加減大人になってください。今までにも何度もこういったことありましたよね?自分一人で勝手に邪魔だと思い込んで。Mと結婚した時からお義母さんの面倒をみなきゃいけないと思ってたし、追いだそうだなんて思ったことありません。私なりに努力していたつもりでしたが、あんな態度取られて、申し訳ないですけど、すぐに気持ちを切り替えることはできません」
「dckumaさんがいろいろしてくれたことはよくわかってる。許してもらえないかもしれないけど、これまで通りにさせてください。それでもだめだったら、本当に言って。出ていくようにするから」

こんな感じで終了した。
昨年5月ごろの出来事のため、↑のやりとりも端折ったもの。
義母に言われたことも先日書いた内容よりももっとたくさんあった。
書いているうちにいろいろ思い出してきて、すっきりするつもりで書いたのに逆に当時の気持ちが蘇ってきて、気分が滅入ったりもした。
そのくらい今も私の心に深い傷となっている。

そして、その後・・・についてはまた今度。

[PR]
by dckuma | 2018-02-13 22:16 | かぞくのこと | Comments(4)

妻として、母として、医師として