ブログトップ

Life will be beautiful

<   2017年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

4度目の正直 ~最終章~

仕事をやめた数日後、旦那は新しい会社に就職した。

前述のごとく、全く毛色の違った仕事。
これまでのスーツ姿とは異なり、作業着での出勤となった。

仕事内容は建物を建てる前の地質調査と地盤づくり。
将来的には旦那はこれを指示する立場となるのだが、まずは現場を知ることが何よりも大事。
若手の社員と共に現場へ向かった。

現地に到着した旦那は案の定右往左往。
全くの新人とは知りながら、サラリーマンとは異なり、「見て覚えろ」的な雰囲気。
特に旦那に気を遣う様子もなく、かといって嫌な態度をとるわけでもなく、旦那も必死にかじりつく。
何をやっていたのかよくわからないまま1日が過ぎ、重機と共に事務所へ戻り、帰宅となった。
変な緊張とずっと外での作業に妙に疲れたもののビールはおいしく飲めた。

2日目は地盤づくりのコンクリートを流し込む作業に参加。
段取りの悪い旦那は作業着にコンクリートをぶちまけてしまった。
帰宅すると玄関でパン一になり、そのままお風呂へ。
誰も口には出さなかったが、おそらくみんなの心の中に不安が生まれたのは間違いないであろう。

3日目。
いつものごとく1日現場仕事。
まだ3日目とはいえ、ゆっくり少しずつというよりは「とりあえずやってみたら」みたいな雰囲気。
その日の帰り、旦那は重機を載せたトラックを運転することになった。
免許的にはOKでも長年AT車ばかり乗っていた旦那にはかなりのハードルだった。
しかもサイズは家の車よりもはるかに大きいし。

そして、旦那は大通りに出る寸前でエンスト。
即座に代わってもらい、事なきを得た。

だが、この時の出来事をきっかけに旦那は私の予想をはるかに上回る速さである決断をした。

そう「退職」である。

帰宅後旦那は言った。
「俺、このまま仕事を続ければ、必ず命にかかわるような大きな事故を起こしそう。自分に対してもそうだし、他人に対しても。情けない話だけど、やめたいと思う」

まあ、旦那の姿を見て、違和感をぬぐえなかった私は、それでよいと思った。

でも・・・
生命の危機とまではわからなくても、ある程度仕事内容から向き不向きはわかってたよね?
もう46歳にもなって「やってみないとわからない」というのはチャレンジ精神ではなく、単なる無知だし、無謀。

どうしてあの時私は何が何でも止めなかったんだろう。
一縷の望みにかけてしまったんだろう。
自分を責めた。

だけど、あの時私が「いいよ」と言わなければ・・・旦那は前職の不満を言い続けてただろうし、それを聞いた義母は私に非難の目を向けたに違いない。

言い訳かもしれないけど、そうするしかなかった。

そして、旦那はまさかの「3日坊主」で仕事をやめることになった。
社長さんは「その危険に気づけることが大事。もう少し頑張ってみないか」と言ってくれたが、旦那は首を横に振った。

またもや先の見えない日々へ。
ちょうどいいタイミングで私が仕事を始めたので、生活を送ること自体は問題なかったが・・・。
まだまだ苦難は続く・・・。


[PR]
by dckuma | 2017-11-17 22:45 | かぞくのこと | Comments(4)

妻として、母として、医師として