ブログトップ

Life will be beautiful

<   2017年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

恐怖の瞬間

先日友達と遊んでいた時のこと。
彼女とは出会って20年、お互い年取ったねーなんて話をしていた。
すると彼女はこの年齢ネタで、とある話をしだした。

「この前高校の同級生と飲んでた時に彼女の子供にお菓子をあげたの。友達が『お姉ちゃんにありがとうっていいなさい』と言ったら、その子

『お姉ちゃんなんていない~』

って言ったんだよ!」と。

ヒイッッ!
あなおそろしや・・・。

年齢的には「おばちゃん」と言われてもおかしくない歳。
でも、気持ち的にはまだ言われたくない歳。

よく考えてみれば母親は私の年齢で余裕で「●●ちゃんのおばちゃん」と呼ばれていた。
今思えば、嫌じゃなかったのかな?

私はまだ全然覚悟はできていない。。。

ああ、いつか訪れるであろう恐怖の瞬間。
もう腹くくるしかないか(笑)


[PR]
by dckuma | 2017-04-17 23:21 | ひとりごと | Comments(8)

結果

一週間後に針生検に行った。

検査は思ってた以上に手軽な感じで始まった。
私も仕事柄肝生検をするのだが、それよりもずっと。
それもそうか、乳腺は表面にあるものね。

だが、手軽がゆえに局所麻酔なしであった。
確かに麻酔の針も針生検の針も一緒の太さなのかもしれない。
でも、一発で決まればいいけど、何度も刺されたり、グリグリされたりするのはいやだなぁ。
と思っていたら、消毒が始まり、エコーで見ながら、針をグサリ。

そして案の定位置調整の為、針をグリグリ動かされた。
い、痛いよう。

どうにか穿刺を終えると、胸には鈍い痛みが残った。
ま、でもこれで終わり。

と、胸をなでおろしたのも束の間。
先生が一言。

「もう一回刺しますね~」

ええー!!という心の声は封印し、聞き分けのいい患者のフリして「はい」と返事。

でも、2回目、あんまり痛くありませんでした。
1回目に穿刺したところの鈍痛が続いており、その痛みでかき消されて、1回目ほどではなかった。

終了~。

終了後先生から簡単な説明。

「刺した感じも良性だとは思いますが、1週間後に結果をききにきてください」と。

そして、1週間後。

結果は「線維性腺腫」。

良性腫瘍でした~。

一応半年ごとのエコー検査と1年に1回のマンモグラフィを勧められたので、半年後にエコーの予約をして帰宅した。

良性でよかった。
でも、自分の健康をおざなりにしてはいけない。
今回のことで、改めて思った。

皆さんも自分の体、大切にしてください!


[PR]
by dckuma | 2017-04-08 22:58 | からだのこと | Comments(6)

妻として、母として、医師として