ブログトップ

Life will be beautiful

<   2016年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

しばしば自分のやっていることが正しいことかどうかわからなくなる時がある。
何らかしらの目標に向けて自分なりに頑張っているのだが、ふと我に返って、周りを見渡すとまだまだ努力が足りない、人より遅れていると妙に焦りをおぼえる。
昔は勉強、婚活など。
そして、今は子育て。

生まれる前までは育児雑誌に載ってるママたちのようなことが、自然とできると思っていた。
でも、実際はダメダメ。

母乳の出が悪いのもミルクに頼らず根気強く母乳をあげなかったせいかもしれない。
けど、産後3ヶ月で母乳+ミルクの授乳に疲れ、徐々にミルクの回数をアップし、4ヵ月では完ミルク。
育児日記なんて全然つけてないし、写真もバラバラ。
おむつアート?ハーフバースデー?
何ですか、それ??
離乳食も最初はちょっと頑張ったけど、今はレトルトに頼ってる。
保育園はバイトの時だけだったら、もっと預ける回数少なくていいのに月極週3回契約なのをいいことにバイトがない日も預けている。
かといって、家に一緒にいても子供優先で過ごしているかと言えばそうではなく、家事をするのに泣き叫ぶ子供をしばらく放置したり、やたらと寝かせつけようとしたり。

こんなんでいいんだろうか?
手抜きしすぎじゃ?
もっと世の中のお母さんは子供に一生懸命じゃないのだろうか?
子供が可愛くて仕方がないなんて言ってるけど、ただ単に四六時中一緒にいないからじゃないのか?
「息抜きは大事」なんて言ってくれるけど、本音だろうか?

母親といっていいのかわからないほど未熟な自分に嫌気がさすときがある。
そんな時、私は鏡を見る。
ハル君を抱っこしている自分の姿。

なんか中身はよくわからんけど、私、見た目は「母親」かも。

[PR]
by dckuma | 2016-11-30 23:03 | ひとりごと | Comments(6)

何でもないようなこと

私達夫婦は「しくじり先生」という番組のファンである。

で、先日の放送は高橋ジョージが先生として出ていた。

おしどり夫婦と思っていた高橋ジョージと三船美佳の離婚。
芸能人のよくあるニュースとはいえ、結構びっくりした。
その原因についてはマスコミがいろいろと言ってはいたが、実際のところ私達には知る由もない。

だが、その当の本人がしくじり先生で離婚の経緯について話すという。

その内容は・・・
簡単に言うと、マスコミ情報は大方合っていた。
長い夫婦生活のなかで、三船美佳は精神的に大人になっていた。
いつまでも10代の彼女をイメージしていた彼はそれに気づかず、モラハラに束縛。
いつしか彼女の心は離れていったようだった。

今回は高橋さん側の話だけであり、三船さんの言い分はまた違うのかもしれないが、ただ少なくともいえることは高橋さんは自分が原因であるということを認めていることだ。
まだ離婚して日も浅いのに、よく客観的にここまで自分を見つめられたな、とある意味感心。
人によっては一生気付かないかもしれないのに。

そして、最後にあの「ロード」を熱唱。

♪なんでもないようなことが、幸せだったと思う♪

あの番組をみたあとの旦那。
高橋さんと自分を重ねて、妙に私にやさしくしてくれる(笑)


[PR]
by dckuma | 2016-11-06 22:27 | かぞくのこと | Comments(4)

不安(笑)

何はともあれ、ハル君はすくすくと育っている。
最近は高速ずりばいとハイハイからのお座りをマスター。
私を認識するようになり、私が見えなくなると泣き出し、私を見ると抱っこをせがむしぐさを見せる。

もうめちゃくちゃかわいい♡

どの子をみても「ハル君が一番」と常に思ってしまう完全なる親バカぶり。
だが、同時にモリモリといろんな不安が募ってくる。

テレビで幼い子にまつわるいろんな事件や事故をみるたびにハル君を超箱入り息子にしたくなる。
家の外はおろか家の中にも危険しかない気がしてならない。
もしかしたら私自身が何かの不注意でハル君に取り返しのつかないことをしてしまうのではないか、そんなことすら考えてしまう。
そして今はハル君の5年後、10年後まで考えて一人憂えている私、大丈夫だろうか?

間違いなく、子離れできない自信あり008.gif

今思うと、私の両親はよく私を県外の大学に行かせてくれたなぁ。
よく一人暮らしさせてくれたなぁ。
よく車を運転させてくれたなぁ。

今の私にはムリ・・・。

でも、ハル君が独り立ちできないのはよくない!と、自分に言い聞かせています(笑)

[PR]
by dckuma | 2016-11-02 23:13 | こどものこと | Comments(0)

妻として、母として、医師として