人気ブログランキング |
ブログトップ

Life will be beautiful

<   2016年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

旦那の気持ち

義母との事でいろいろあるたび、旦那に訴えていた私。
比較的私の言い分に耳を傾けてくれていた旦那だが、やはり自分の親のことを言われることは気持ちのいいものではなかったであろう。
そう思う一方で、私が同居をすんなり受け入れたこの偉業をこの人は本当にわかっているのか?とも思ったり。

そんなある日のこと。
最近は義母との関係もややマシになってきたもののやはりチョコチョコ問題は勃発。
たまたま子供を義母に預けて2-3時間夫婦だけで出かける時間があったため、その車の中で、旦那に話した。

すると・・・

「やっぱり俺の母親が’ガン’なんだね。そんな状態じゃ同居も続けられないでしょ?俺だって正直母親を憎みたくてしょうがない。母親に旦那がいればって何度思ったことか。今のこの状況は母親が好き勝手生きてきた結果(未婚の母で旦那を産み、その後も男をかえ、仕事をかえ、点々としていた)なんだし。自業自得だっていつも思うよ。でも、子供が親を見捨てるわけにはいかないでしょ?俺もこの有様だし、考えてみるよ。。。」

私は初めて旦那の気持ちをきいた。
同居するまでは金銭的に苦労している義母に対して同情的な気持ちがあったが、同居してからはよく自分が定職につけなかったことを旦那のせいにしたりする発言がよくみられたため、ただ単に将来を見越した人生設計をできなかっただけじゃないか、と心の中で思っていた。
でも、そんなこと旦那には決して言えるはずもない。

だが、その旦那が母親のことを「自分勝手」、「自業自得」、と思っていたということを初めて知った。
産みの親には感謝しないといけないのかもしれない。
でも、旦那は自分の置かれた環境で小さいころからかなり苦労してきたこともあり、いろいろ募る思いがあった。
そして現在、自分で生活できないからと息子を頼ってくる。
旦那としてはいろいろ葛藤があったのだろう。

私は旦那の気持ちを知り、旦那がかわいそうに思えてしょうがなかった。
同情なんていらないって、言うかもしれない。
でも、私は旦那を「幸せにしたい」と改めて思った。

義母のことは大変だけど、私をいびるとかそんな気持ちがあるわけではないし、お互いがうまくいくよう努力しようとはしている。
ただ育ってきた環境や性格の違いなどからすれ違いが時々起こってしまうだけ。
うまいことその違いによるストレスを吐き出しながら、これからも頑張ります!!

by dckuma | 2016-10-18 12:48 | かぞくのこと | Comments(4)

妻として、母として、医師として