人気ブログランキング |
ブログトップ

Life will be beautiful

ふと頭をよぎること

またもや悲しい事件が起こりましたね。
千葉での虐待死。
事件を紐解けば、いくらでも彼女を助けるチャンスはあった。

でも、それは全体像がみえてるからいえること。
断片的にかかわっている人間からすると、想像力を働かせるしかない部分もある。

ただ今回のことは解せない点が多々ある。
まず彼女ははっきりと父親からの虐待について訴えている。
にも関わらず、大人は手を差し伸べなかった。
正確には一時保護をしたもののその後の対応がひどすぎた。

父親が訴訟を起こすと脅したから、彼女が書いたアンケートを父親に渡した?
あなたたち大人が怖くてついアンケートを渡すような父親の元にいる少女がどれだけの恐怖を抱くか想像に難くないでしょう?
父親が同意書を持ってきたという時点でその同意書ですら暴力で押さえつけて得たものぐらいわかるでしょう?
彼女が感じた絶望を思うと筆舌には尽くしがたい。

唯一この件において希望を見いだせるとしたら、この件に関わっていた大人たちが素直に自分たちの非を認めたこと。
誰かの犠牲の元に成り立つ対応策というのは悲しい。
でも、このようなことが再び繰り返されることはもっと悲しいし、あってはならない。
彼女の名誉のためにアンケートを公開したというのであれば、徹底的に今回のことを振り返り、今ある命を必ず守ってほしい。

Commented by kearyioa at 2019-02-05 10:34
まあ、その通りなんだけど、
でも、ほら、暴力って怖いから。
こういう子供を虐待しても平気な攻撃的な相手には、普通の人はひるんじゃうよね。
だれかがどこかで書いていたけど、警察署とおなじくらい強烈な「こども署」的組織と担当者じゃないと、実際は対応できないんじゃないかな。
いまどき、病院でもいざというときは警察呼ぶし・・・。
報道を見ていると、戦地に応援も無しに部隊を送り込んで、負けたのは現場のせいだ!と大勢でいじめている感じがするのです。
Commented by さざ波moo at 2019-02-06 11:05 x
母は強しというけれど、これほど酷い男の異常な暴力は、
強い母をも萎えさせ、気力を奪ってしまうのでしょう。

こんな場合、行政に訴えてもいい結果にはならない・・と判れば、
母娘で逃げるしか仕方ない。しかし庇って匿ってくれる親族もいなければ、
男の暴力の中で死んで行くしかない。そんな気になっても不思議じゃない。

母を共犯者にするのは容易いこと。でも共犯者にして罰して何が変わるの?
母親を非難する人、それなら こんな狂気の環境の中で、誰が何をどうしたら
良かったのか、みんなに丁寧に教えて欲しい気がします。

kearyioaさんが 仰有る様に、警察と同じほど強烈な「こども署」的組織と
担当者じゃないと太刀打ちできないのでは・・と 私も思います。
そんな男性と結婚した時点で、何が魅力だったんでしょうね・・。
まあ、男女お互い 人は変わると言いますが、辛くて地獄の様な事件です。
Commented by dckuma at 2019-02-08 06:40
> kearyioaさん
おっしゃる通りだと思います。
学校、教育委員会、児童相談所を非難するだけではだめですよね。
こども署の記事、私もたまたま読みましたし、すごく納得しました。

今回の一件は被害にあった子供がわかりやすいSOSを出してたんですよね。
それでも誰も守れなかったとなると、今現時点で明日をも分からない日々を過ごしている子供は仮に声をあげても助けられないということになる。
水面下のDVを拾い上げられなくても、せめて目の前でおぼれかけている子は救ってあげてほしいと切に感じました。

あと虐待するような親の中に、今回のように恫喝してくる親って他にもいると思うんです。
私も病院で怖い目にあって、警察がらみになったこともあります。
その時はやはりマニュアルがあったからその通りの対応ができました。
でも、今現場で働いている人には「もしも・・・」の対応マニュアルがないのかもしれません。
虐待対策のシステム自体を根本から見直さないと、現場も安心して働けないし、子供を守れない。こんな悲しい事件、本当に本当になくなってほしいです。
Commented by dckuma at 2019-02-08 07:18
> さざ波mooさん

母親批判もありますよね。
私もこの地獄の中で母親が父親に飲み込まれていく姿は容易に想像できます。
DVから逃げた人の記事もよみましたが、逃げる段階でも「おおげさな」と思っていたそうです。
母親も自分のDV被害は訴えていたようですが、夫が周囲とのかかわりを断絶させるような行為に及んでいたこともあり、より客観視できない状況に追い込まれたんでしょうね。

人との付き合いの中でなんとなく感じる違和感ってあると思います。
結婚や一つの組織に組み込まれることで、その違和感が自分にとって大事になることが多いようにこの年になって分かってきたような気がします。
目黒の事件同様少しでも子供たちの為に今の構造が改善されることを祈ると同時に自分自身も勉強してみようと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by dckuma | 2019-02-04 00:05 | しゃかいのこと | Comments(4)

妻として、母として、医師として