ブログトップ

Life will be beautiful

旦那、その後 ~戦闘編~

決戦日当日。

旦那にどんなことがあっても契約書にはサインするなと念を押し、仕事に向かった。
旦那もそれだけは絶対しない、と言っていたが、私はあの社長夫婦の様子からすると、悪徳商法並みに印鑑押すまで監禁することもあるかもしれないと思っていた。
それまでに聞いていた旦那がとった録音。
社長はやはり社長であり、理路整然風に高圧的であった。
一方、専務の社長夫人は女性ならではのヒステリックさ。
女性なら冷めた目で見れても、男性には社長よりも耐え難い存在でしょう。

だから、旦那を戦場に送り出している気がしてならなかった。
きっと戦闘開始は18時以降の時間外。
もし21時までに旦那が返ってこなかったら、会社に電話してみよう。
電話に出なかったら、警察に電話してもいいかもしれない。
そこまで考えていた。

そして、そろそろ18時になろうとしていた頃、旦那から電話が。
もう、終わった!?
意外とあっさり終わったのかと電話に出てみると・・・
「話し合いは今からなんだけど、家にICレコーダーない??」
と押し殺すような声で話してきた。
どうやらトイレから電話をかけてきたようだった。
「え?レコーダーって持って行ったんじゃないの?」
念のため、いつもレコーダーを置いているパソコン周囲をみてみるが、やはりない。
「そうか、ないか・・・。落としてしまったかも。とりあえず電話切ります!」と言って切れた。

ただでさえ不安な中、決定的証拠となるレコーダーがないなんて。
不安は倍増どころから何百倍にもなった。
食事もろくに喉を通らず過ごす時間・・・。
あと少しで9時だ。
帰ってこなければ、会社に電話、会社の対応次第では警察・・・そんなことを何度もシミュレーションしていた。

そして、21時を過ぎた頃、旦那が帰宅した。

あー、よかった。
でも、安堵も束の間、矢継ぎ早にどうだったか聞く私。

「とりあえず、サインはしなかったけど、本当にすごかった」

戦場から戻った旦那は当たり前だけど、憔悴しきっていた。
昨日もらった契約書はやはりサインできないと言ったところ、専務は金切り声を上げヒステリックに旦那を罵倒し、社長は旦那を犯罪者張りに非難した・・・そうだ。
つくづく録音できなかったことが悔やまれる。
旦那が犯したレコーダーを失くすという失態も正常ではない精神状態がそうさせたのかもしれないけど。

専務のヒステリーは論外であったが、社長は旦那がいかに悪いことをしたかということを正論風に言ってくるため、次第に旦那も「自分が悪いのでは・・・?」と錯覚してしまったと言っていた。

「君はできると言ったんだよ。それなのに成果を出していないじゃないか。嘘をついたんだね?」
→そりゃ、入社面接でできないなんてあらかじめ言う奴なんてそうはいないよね?しかも、本気で旦那も前職と似た業種だったので、過去のツテを何らかの形で生かせると思っていた。そうさせなかったのはお宅ですよね?
「こっちは君を雇うのに80万円もの仲介手数料を払ってるんだよ。正直、アカだよアカ。払ってもらって当然だよ」
→いや、全然当然じゃありませんよ。そんなに仲介手数料取られたくないんだったら、そもそもハローワークだけで登録しとけばいいんじゃね?
「君、全然仕事もしないし、正直言って懲戒免職にしたっていいんだよ」
→旦那があぐらかいて、会社でネットサーフィンしてるとか、営業と言いながら公園でくつろいでたら、どうぞ懲戒免職してくださいな。違いますよね?仕事してますよね?

ま、書けばキリもないし、録音出来なかったため、ほんの一部しか紹介できないが、冷静になればツッコミどころ満載だった。
だが、集中砲火を受けている旦那はどうしたらこの場を切り抜けられるか、そればかり考えていた。

ひとしきりしゃべり終わると、社長は「君これからどうすんの?」と聞いてきた。
旦那の心は限界。
「・・・この条件では働けません」と答えた。

すると社長は「ああ、そう。それなら仕方ないね。その契約書返して」と言って、旦那に渡した契約書を回収した(もちろんコピーはとっていたが)。
そして、
「来週新しく辞令を交付するから。今日は帰っていいよ。」と言った。

解放された旦那であったが、最後のセリフに新たな不安がよぎる。
私は話を聞いて、おどしのような契約書をちらつかせて、最終的には旦那から「働けない」という言葉を引き出したかったのではないだろうかと思った。
会社は悪いことをしていない社員の首を勝手にはきれない。
でも、自分から言わせればやめさせることができる。
そんなシナリオは最初からあったんだろうなと思ったが、その状況で彼らに誘導されてしまった旦那を責める気にはならなかった。


Commented at 2018-10-10 00:40
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by dckuma at 2018-10-30 21:06
>カギコメさん

とっても気分転換できました!
けっこう周囲にもすすめています。
そして、私たち家族ももう一度行きたいと思ってます。

仕事の上での人間関係、ほんと重要ですよね。
人間関係でやめた20年勤めた会社ですが、今思えば全然マシだったと、旦那は言っています。
それに気づけたのもやめたからこそなので、辞めたこと自体は後悔はしていないようですが。
ほんと仕事って難しいですね。
一方、私は今まで務めた病院の中では一番楽しく働けていて旦那には申し訳ないぐらいです(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by dckuma | 2018-09-30 15:06 | かぞくのこと | Comments(2)

妻として、母として、医師として