ブログトップ

Life will be beautiful

病院へ

乳がん検診で左胸に腫瘍が見つかってしまった。
自分で触診してもよくわからない。
でも、この胸のどこかに腫瘍はある。
これは急いで精密検査をしてもらわねば!

ってことで、検査結果が送られてきた当日にネットでみつけたよさげな乳腺専門クリニックに予約した。

クリニックではまず先生の診察と触診があった。
こういう場では医師であることを伝えないため(病気が確定すれば別だが)、先生はとても丁寧に説明してくれた。

そして、次にマンモグラフィ。
検診を受けた病院よりもさらに煎餅のように私の胸は平たくされたが、こういうのが技術の差かと実感。

レントゲンのあとは最後に乳腺エコー。
最初は技師さんがやっていたが、途中で先生がやってきて、専門用語を交えながら会話を始める。
素人のフリをしていたが、全部わかっちゃうところが悲しいところ。

やはり、腫瘍はあるようだ。

そして、すべての検査が終了した後、先生からの説明があった。
触診でははっきりわからなかったこと、マンモグラフィでは左胸にわずかに腫瘍と思しき影が映っている事、そして超音波検査では1cmぐらいの腫瘍がうつっていることを話してくれた。
ただ見た感じは良性腫瘍であろうとのことであった。
しかし、念のため良性と確定するためにも針生検が必要ということなり、1週間後に検査を受けることとなった。

[PR]
Commented by miduki0902 at 2017-04-05 21:10
>素人のフリをしていたが、全部わかっちゃうところが悲しいところ。
お辛かったと思います。
私は超ビビりで、婦人科の内診途中で無理ってなって、その後の検診を拒否した事があります。

先日、婦人科に行った時は、怖くて怖くて、足が震えていたらドクターが、かなり驚いたようで。
そりゃあアラフィフの女性で、生娘でもあるまいのに、苦笑。
以前、首のリンパ節が腫れていた時の超音波では途中で怖くなって起き上がってしまい、ドクターに「気分が悪いの?」と聞かれた事もあります。

生検、私は経験無いですが痛かったと思います。
心配です。ブログで、気持ちを吐き出して下さいね。
Commented by dckuma at 2017-04-09 17:09
> miduki0902さん

私の知っている方はもっとシビアな自分の病状を聞いてしまったようです。
今回私の場合、聞こえた言葉が良性だろうみたいな言葉だったからよかったですけど、悪性がうたがわれてたら心穏やかではなかったかもしれません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by dckuma | 2017-03-26 17:31 | からだのこと | Comments(2)

妻として、母として、医師として