ブログトップ

Life will be beautiful

初体験

出産を契機に自分の健康を考えるようになったワタクシ。
仕事復帰したらそう簡単に身動きも取れない。
この時間があるときに今の自分の状態を洗いざらい調べるぞ!

ということで、検診&人間ドックに行くことにした。

まずは子宮がん検診。
不妊治療とその後の妊娠時のエコー検査で、以前手術して筋腫を摘出したにもかかわらず、また出現していたことが判明。
出産後に産科の先生から半年後にフォローするよう言われていたので、筋腫フォローもかねて子宮がん検診へ。

福岡の病院は全くわからないので、ネット頼り。
今後もし二人目ができたときに通いやすいようにと家から近い、それなりに大き目の病院を予約。

子宮筋腫は子宮頚部にできており、ややわかりにくかったのか、探すのに一苦労。
サイズはそこそこ4-5cmの大きさだが、変化はなさそうだった。
そして、その場で子宮がん検診も行い終了。
後日電話で結果を確認し、問題なしとのことであった。

そして、次は・・・人間ドック。

消化器内科医になって15年。
胃カメラは受けたことはあるものの、大腸カメラは一度もうけたことはなかった。
患者さんに検査をする立場として、これではいけないと思いつつこの年までせずにやってきた。

ということで、大腸カメラのある人間ドックを探すことに。
で、行きやすくて、1日で胃カメラ、大腸カメラをやってくれるクリニックへ。
ただここは基本鎮静で検査を行うクリニックだったため、結局前処置以外は検査を実感することなく、終了してしまった。
致し方なし。

その他レントゲンや採血検査など一般検査も行い、後日結果が郵送されてきた。
結果は問題なし♪。

そして、最後に乳がん検診。
確か最後に乳がん検診を受けたのは8年ほど前。
行こう行こうと思いながら、これまた放置していた。

超音波検査とマンモグラフィの両方をやってくれるところを探して、予約。
先にマンモグラフィの検査が行われた。
いやー相変わらずこのマンモグラフィってやつはすごい検査だなぁ。
私の貧乳を煎餅みたいに板で引き延ばして挟み、レントゲンを撮る。
もう恥ずかしいとかいってられませんから!

そのあとは超音波検査へ。
左胸からスタート。
それから5分ほどして、、、まだ左胸かいっ!
あのぉちょっと長くないですか?
やたらと左胸の上の方を念入りにみている。
どんなに鈍感な人だって、何かあるとわかるほどに。

右胸は数分で終了し、帰宅。

帰宅後自分で触診してみたが、さっぱりわからず。
結果を待つことにした。

1ヵ月かかるといわれた結果はそれよりもずっと早く10日後に届いた。

逆にその早さが何かある事を裏付けているのであろう。

そう結果は

「左胸に腫瘤、要精検」

とのことであった。

[PR]
Commented by miduki0902 at 2017-04-05 21:06
こんばんは。
3月は1日だけ定時で、その後、月末まで常に残業だったのでdckumaさんのブログを訪問できませんでした。

私が勤務している会社は異様に健康診断に拘り、私は案内が来ないのを良い事に、病院が怖いので良かったと思ってたら、単なる事務方のミスで、案内忘れ。
健康診断医行きたくなく、かなり拒否しまくり。

検診項目を勝手に減らそうとしたところ、人事に怒られ仕方なく人間ドッグを受けました。
ただし、前夜1時か2時まで白ワインを呑んでいたのは内緒です。

結果、脂質異常・・・要精密検査になり。
検診を受けた病院は平日指定だったので掛かりつけ病院に風邪の時についでに聞いたら、
良いよって引き受けて貰い、再検査を受けました。

その結果を見た内科医の言葉をキッカケに自分を見直し。
1週間悩んで食生活を改善。結果、マシュマロボディな私になりました。

私は巨デブで、巨乳。乳がんリスクは高いと思います。
芸能人が乳がんになっているのを診て、私も何とかしなきゃと思いました。
今、ドキドキしながらブログを拝見しています。
Commented by dckuma at 2017-04-09 17:05
> miduki0902さん
こんにちは!

健康診断って怖くて行かない人、面倒で行かない人、大丈夫だろうという思い込みで行かない人、いろいろいます。私は医師のくせして、職場の健康診断、面倒だと思ってました。
でも、やはり早期発見、早期診断は大事です。

今回子供ができたこと、時間ができたことが改めて自分の健康を考えるきっかけとなりました。

midukiさんが勇気をもって検診を受けたこと、精密検査を受けたことはきっと将来にとってプラスになっていると思いますよ★
Commented by miduki0902 at 2017-04-12 23:43
dckumaさん、ありがとうございます。
私は自分では逃げていた部分と向き合えました。

掛かりつけ医さんでの診断で自分を見直すキッカケになり。
更年期ですが標準体型になりました。

私は自分の事は後回しでした。
同じ病院の婦人科ドクターに、たまたま診察を受ける機会があり。
2月初めの検診結果、2月末に診察で行った事、3月末に前回の事が悪化して
行った事。
ドクターの私への対応が、ガラッと変わりました。

私と会うたびに痩せている事、それを私が、この婦人科の診察で言わない事で
産科で有名で高飛車なドクターから見たら、この人って更年期になっているのに
自分なりに頑張っているなと思われたようです。
別科の内科のカルテは診ていると思います。

でも個人的に問診無に、いきなり声を掛ける前に内診されて、怖かったですと言いたいです( 一一)。
セッカチなドクターですけどね。

実は再来週、病院イベントに行こうと思っていて、私の人生を変えて下さったドクターと再会します。
口に出せないので、お礼状をパソコン文書で渡せる機会があれば、渡そうと思っています。
Commented by dckuma at 2017-04-13 22:10
> miduki0902さん

midukiさんの人生を変えたドクターはその婦人科のドクターではないんですよね??

私は医師ですが、やはり人間ですので、いつかは病に倒れることもあると思います。
そんな時に「この人に会えてよかった!」と思える先生に会えるのってすごくラッキーだと思います。
病ではないですが、そんなドクターに出会えたmidukiさんがうらやましい。。。

私もそう思われるように日々精進したいと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by dckuma | 2017-03-18 00:22 | からだのこと | Comments(4)

妻として、母として、医師として