ブログトップ

Life will be beautiful

未来の自分

先日やりたいことがない旦那の話を書いていてふと思った。

私のやりたいことは何だろう。

医師としての仕事を続ける意思にはかわりないが、今のままではその他大勢の医師の一人。

何か自分のカラーを出せないか。
私らしさ、私じゃないとできないこと。
何かの専門性を身につけてもいい。

とある知り合いの女医さんは「女医による産後女性の悩み相談室」のようなものを立ち上げてたし、後輩はその施設で新たに設立された部署で初期メンバーとして頑張っている。また友人は結婚前から自分が取り組んでいた仕事を産後も継続して頑張っている。

なんかみんな目標をもっていて、すごくうらやましい。

私は今まで与えられた環境の中で一生懸命頑張ってきた。
もちろんそれはいいことなのかもしれない。
でも、小さい世界の中だけで頑張っていてもその世界から放りだされたとき、何も残っていないことに脱力する。
もっと外に目を向けて仕事をやっていけばよかったな、と。

こんなことも大阪を離れなければ気づけなかったことかもしれない。
それまではなんだかんだと自分の所属している医局の息のかかった施設に言っていただけだった。
真面目にやっていれさえすれば、重宝がられるし、そこに自分の存在意義をみていた気がする。

でも、今はアウェイの土地。
元々出身は九州と言えども社会人として住むのは初めての土地。
今度行く病院では今までとは仕事内容も働き方も大幅に変わってくる。
私としてはこれをチャンスとして、先を見据えた何かを得られればと思っているが、またもや日々の業務に流されそう...。

何か新しいもしくは希少性のあること、生涯のライフワークにできるようなこと、ないかなぁ。

案外自分の好きなものの中にヒントが隠されているかもしれない。
と思って、列挙してみる。

海外旅行、猫、ゴスペル、、、

って、医学と全然関係ないじゃん!

ということで、ライフワーク探しがライフワークになりそうな予感(笑)

でも、こういうことってふとした時に閃くんだよね。
それに期待しながら、アンテナ張って進みます!


[PR]
Commented by miduki0902 at 2017-02-21 21:53
こんばんは。いつもdckumaさんのブログで自分を振り返らせて頂いています。
いつも、問題提起をして頂き、ありがとうございます。

私は夫の転勤で仕事を変わる事が多いです。
今の会社は、「やっとMIDUKIさんを落としました」と言われるくらい、お待たせした会社です。

私は優等生タイプと言われますが、アンテナを張って同じく頑張ります。
Commented by dckuma at 2017-02-22 23:30
> miduki0902さん

問題提起というか自問自答かもしれません(笑)

優等生タイプ・・・うらやましすぎます。
私がいまだかつて言われたことのないセリフ。
会社に求められるなんてほんとすごいですね。
Midukiさんはすでに私の理想を手に入れているような気がします。

追いつけるよう頑張ります★
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by dckuma | 2017-02-21 00:12 | ひとりごと | Comments(2)

妻として、母として、医師として