ブログトップ

Life will be beautiful

やりたいこと

旦那を見てて思うこと。

「やりたいことって大事だな」ということ。

転職をして、現在の会社に勤めて半年が過ぎた。
契約期間も終わり、晴れて正社員になれたものの旦那の顔は晴れない。

以前にも書いた通り、現在の営業スタイルがどうも肌に合わないらしい。
そんなに嫌ならやめたら?と言いたいところだが、45歳の転職はそう甘くない。
この1年は私の貯金をかなり使って、やりくりしてきた。
これ以上減らすわけにはいかない。
なので、在職中を限定に転職を許可したのだが、結局今のところ面接までたどりつけたのは2社のみ。
それらも面接でアウト。

しかし、毎日憂鬱そうに仕事に行き、転職したいと訴えるわりに、私にはどうも必死感が伝わってこない。
もし私が旦那の立場なら、どうにかして現況を打開すべく次の一手を考えるだろう。
だが、旦那は不満は言うが、行動をなかなか起こさない。

そして、気付いたのだ。
旦那には「やりたいこと」がないことに。

やりたいことがないので、何をしていいのかわからないのだ。
今の状況が嫌なことだけは明白。
でも、抜け出す先が定まらない。
転職サイトで見る求人もバラバラで、私からすると「今の会社を辞めれるなら何でもいいや」的に見えるのだ。

まぁきっかけは何であれ、案外そういう形で就職してフィットする可能性も無きにしも非ずだが、その程度の気持ちの入れようでは嘘のつけない旦那が面接をクリアするのは至難の業であろう。

旦那が転職を決めたころに見たサイトや本に書いてあったことを思い出す。

前向きな転職でないとうまくいかないことが多い

あの頃はそうかもしれないけど、年齢を考えたら少しでも早い転職がいいよね。
と、あまり深く考えずに転職を後押ししてしまった。
超前向きである必要はないが、せめて「会社が嫌だけど、これをきっかけに前からやりたかったことやろうかな」という体が良かったと思う。

転職を考えている皆さんにアドバイス。
きっかけがネガティブな理由でも、visionを持って転職をしましょう!!



[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by dckuma | 2016-12-29 00:15 | ひとりごと | Comments(0)

妻として、母として、医師として