ブログトップ

Life will be beautiful

本音

前述に更新した「おもしろ分析」。
そんな分析ができるようになったのもここ最近のこと。
そして、ブログにフランクに書けるようになったのも最近のこと。
やっぱりかなりつらい時期があった。

正直言って同居するまでは、義母は「それなりにうまくいくであろう」相手であった。
大阪にいるときは徒歩7分ぐらいの距離に住んでおり、比較的よく顔を合わせる方であったが、そこまで不快ではなかった。

でも・・・
やはり同居となると、隅から隅まで見えてしまう、
細かいところまで気になってしまう、
自分のしたいようにできない、などなどいろんなものが少しづつ溜まっていった。

もともと2点においては気になっていたので、同居前に旦那には口酸っぱく言っておいた。
一つは宗教。
旦那と義母はとある宗教を信じている。
ただ私を勧誘したり、何らかの宗教的行為をするわけではないので、信じていること自体は「ま、いっか」程度に考えていた。
しかし、同居を始めるとチョコチョコ宗教的なものを目にするようになった。
特に義母はほぼ毎日その宗教の集会のようなものに参加している。
大阪を離れ、アウェイな土地にやってきたので、集会に参加して友人ができればそれもよしかな、と思っていたが、生活に「宗教」を感じるのが耐えられない。

で、ある日。
義母が宗教で知り合った友人を家にあげてもいいか私に聞いてきた。
「友人」としてあがるのであれば、私は全然かまわないのだが、何らかの宗教的行為を家でされたらたまったものではない。
私は私の宗教に対するスタンスを示すため、義母にハッキリ伝えた。

「来てもらうのは全然構いません。でも、Yさん(旦那)から聞いてると思いますが、私は宗教とか全然ダメなんで。私やハル君の前で宗教的行為さえしなければ、自由にしていただいて構いません」と。

義母は旦那からきいて知っていたようだった。
でも、私がどの程度嫌なのかは知らなかったようだった。
以後、少しは「宗教的なもの」を目にする機会は減ったかも?

ただ一つだけ誤解しないでほしい。
私は宗教を信じることが悪いことと思っているわけではない。
罪な宗教も存在するが、見る限りそのようなものじゃなさそうだし。
でも、やたらと「そうなる運命だったのよ」というのが嫌なのだ。
例えば、何かいいことがあった時にいうのだが、私からするとそんな言葉で片づけてほしくない。
それはその人の絶えまい努力、考え抜いた選択の結果なのだ。
あとはニュースで犯罪や災害に巻き込まれた人に対しても使う。
そんなんじゃ割り切れないだろっと言いたくなる。

あと宗教的行為が「それってどうよ?」と思うものがあることも嫌。
例として挙げると、仏壇にその日食べる食事と全く同じものを毎日一式お供えするのだが、お供え後にそれを破棄することがあるのだ。
義母曰く「気が抜けたから捨ててもいい」という理屈なのだが、私からすると食べ物を粗末にするのはどうよ?
それって、その宗教でOKなことなの?と思うわけで。
なんかツッコミどころ満載の行為がチラホラ。
子供の教育上よくない!

ってな感じ。

長文となったので今日はこの辺で。
しばらく義母ネタ続きます。。。



[PR]
Commented by kearyioa at 2016-09-24 11:49
ご無沙汰です^^。
そうだそうだ!と思って読みました。
何でも、It's your destiny.で片付けられてもね^^;。

それと、力が抜ける場所、があるといいですね。
Commented by dckuma at 2016-09-24 22:47
> kearyioaさん
お久しぶりです★

その割に何かあるたびに右往左往するんですけどねぇ。
運命は決められてるんじゃなかったの!?って言いたくなります(笑)。

最近はだいぶチカラ抜けてます。。
ってか、ここが抜ける場所かも知れません★
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by dckuma | 2016-09-19 23:48 | かぞくのこと | Comments(2)

妻として、母として、医師として