ブログトップ

Life will be beautiful

これでいいのだ

きりっと切り替わって、子供の話。

ハル君は先日2歳の誕生日を迎えた。
イヤイヤ期を順調に迎え、家族みんなで振り回されているが、成長の一過程かと思うとイヤイヤしている子供の姿もほほえましく思う。
子供ができずに落ち込んでいたあの頃を思えば夢のような毎日だ。

そんなハル君、最近保育園で赤ちゃんを抱っこさせてもらったそうな。
すごく喜んでいたという。
テレビでも赤ちゃんが出てくると食いついてみているし、子供全般が赤ちゃん好きなのかもしれないが、親としてはその姿に「兄弟がほしいのかな?」なんて思ってしまう。

二人目、もちろん考えたことはある。
いやむしろ積極的に考えていたのだが・・・

実は体外受精をしたときに受精卵は二つあった。
一つは体外受精、もう一つは凍結保存することになった。
1回目の体外受精に成功した私は妊娠中もハル君の双子の兄弟に等しいこの受精卵を体に戻すことを考えていた。

しかし、ハル君が生まれると、私の中で二人目が考えられなくなっていた。
育児が大変だから?
高齢出産だから?
いや、そんな消極的な理由ではなくて、むしろ前向きに「ハル君一人でいい」と思ってしまったのだ。

そして、私たちは二人目に関しては自然にまかせようと決意。
受精卵の凍結保存の2回目の更新時期にそれを辞退した。
受精卵はきれいにラッピングされた容器に入れられて手元で保存することも可能だったが、私たちは不妊治療の研究利用の為に提供した。

でも、ハル君の赤ちゃんを見て喜ぶ姿を見ると、本当にこれでよかったのかと思うこともしばしば。
もちろん二人目を絶対作らないというわけではなく、自然に委ねただけ。
世の中一人っ子だっていっぱいいる。
と、自分に言い聞かせてはいるけれど、やっぱりさみしいんじゃないかと思ったり。

高齢出産の私たちはハル君が40歳の時はもう80歳前後。
生きているかどうかさえ怪しい。
下手したら30代で私たちが逝ってしまうかもしれないし。
そうなったら、ハル君は早々に一人ぼっちになってしまう。

そんなことを考えていたら、ハル君が不憫でならない。
一方で、もし二人目ができたとしてもそんな理由が背景にあるのも悲しい話。
まあ「予定外」はあれど、多かれ少なかれどの家庭にも家族計画は存在するんだろうけど。

出産はどうしてもタイムリミットがある。
しかも、高齢&一度不妊治療をしているだけに余計に頭でっかちに考えてしまう。
本気で二人目を考えるなら今の時期が正念場だし。

そしていつも最終的に落ち着くところ。
「兄弟がいてもいがみ合う事だってある。一人っ子でもハッピーに暮らしている人もたくさんいる。ハル君に今私たちができる最大のことをしてあげよう」

ってことで、時々↑のような不安に陥りながらもあとは運命にまかせて、ハル君との日々をエンジョイしています★

[PR]
# by dckuma | 2018-04-12 00:38 | こどものこと | Comments(1)

この2日間の騒動は短かったけれど、私の心には深い傷を残した。

旦那は義母が反省したことで「一件落着」と言った感じだった。
でも、私の気持ちは謝られてもすぐには許せるわけもない。
そのことを旦那に伝えると・・・

「許せないの?許せなかったらもうやってけないじゃん。母親に大阪に帰ってもらう?」

と言ってきた。

え?
許せない私が悪いの?
自分の母親がやったことに対して妻が深く傷ついているというのに他に言うことはないんかい?

「極端な例えだけど、殺人を犯した加害者が謝ったからって言って被害者はすぐ許せると思う?謝った人間は解放感があるかもしれないけど、傷ついた人間からすればすぐにはい、そうですかと言って割り切れるものじゃない」

と返した。

あの日以来何かスッキリしたような義母と一件落着~♪的な旦那とは真逆にもやもやした気持ちを抱えていた私。
あの時いろんなことを言うチャンスだったのに何故義母に気を遣った発言をしてしまったのか猛烈に後悔した。
そう、義母にトドメを刺すことばを私は幾つももっていたはずだった。
言ってたら義母との関係にも終止符を打てたはず。
でも・・・自分が可愛かったのだろうか。
それとも旦那や義母がかわいそうだと思ったのだろうか。
私はトドメの言葉を飲み込んだ。

ああ言えばよかった、こう言えばよかったと日に日に後悔は増していった。
同時にいつまでもあの日の出来事がトラウマのように私に付きまとっていることに苦しんだ。
義母は優等生のように振る舞い、旦那はそれを見て安心しているようだった。
私一人だけ消化できていないことに誰にも相談できなくなっていた。

だが、ある日新聞を読んでいた時のこと。
心の相談コーナーに「許すべきなのに許せない」という相談があった。
内容は全く異なるものではあったが、許せないことに苦しんでいることは一緒。
その答えは・・・「許さなくていい」とのことであった。

ひどいことをされて許せないのは当然。
許そうと思うからいつまでも囚われる。
自分のペースでゆっくり消化していけばいい。

なんかスーッとした気持ちだった。

以後私は義母に対する気持ちを自然に任せることにした。
そして、あの時義母に発しなかった止めの一言はいざというときの剣として私の胸に締まっておくことにした。
すると次第にいろんなことに寛容になってきた。

なんか人の弱みを握って、取り繕っている自分にいやな気もするが、自分の精神衛生上、一番納得のいく落としどころ。
これが本当の「鬼嫁」だな、なんて思いながら、表向きは平穏な日々を過ごしている今日この頃であった。

[PR]
# by dckuma | 2018-03-14 22:57 | かぞくのこと | Comments(0)

バトル翌日

翌日の朝、もちろん義母は我が家に現れなかった。
一方、一晩経って私の心は晴れるどころか荒れ狂っていた。

今まで生活習慣が異なる人間同士が近くにいれば、多少の行き違いはある。
だから、多少の人間関係の不快感は覚悟していたし、時間がかかってもいずれは段々角が取れて、丸くなっていくだろう。
ドラマで観るような嫁姑関係とも違ってたし、ココで時々吐き出せばうまく付き合っていけるだろう。

そう考えていた。

だが、昨日の一件で、私の考えは甘かったとわかった。
私なりに頑張ってきたことは義母にとっては「鍵」一つで壊れるような「しょうもないこと」であり、私の自己満足に過ぎなかったのであろう。
だとしても、義母にあんな言われ方をするようなひどいことをしたわけでもなく、「ストレスがたまっていた」「虫の居所が悪かった」などの精神面を考慮したとしても到底納得できるものではない。
もう限界かも・・・。
義母には関西に戻ってもらおう。
でも、旦那にとっては唯一血のつながった家族。
本当にそれでいいのか?

仕事の間もずっとそのことばかり考えていた。
その日暇だったことが唯一の救いであった。
そして、最終的に決めたことは「義母の今日の態度で決めよう」ということであった。

仕事からの帰宅途中、義母との戦いに備えていろんな文言を考えていた。
日中旦那からメールが入り「だいぶ落ち着いている、昨日のことを反省しているみたい」とのことであったが、今回ばかりは「ああそうですか」と素直に許せる状態ではなかった。
旦那には「ごめん、だからと言ってすぐには許せない。言いたいことは言わせてもらう」と伝えた。

家に帰ると、義母の靴が我が家の玄関にあった。
旦那が玄関まで来て、ハル君を抱っこした。
その後ろに義母の姿が見えたが、私は無視をした。
服を着替えた後、キッチンに行き、ハル君の夕飯の支度をした。
義母は私に話しかけるタイミングを見計らっていたようだった。

そして
「dckumaさん」
無視する私。
するともう一度「dckumaさん」と義母。
「なんでしょうか?」
私は突き放すような言い方をした。
「昨日はごめんなさい。あんなことを言って、私どうにかしてた。本当にごめんなさい。」
「申し訳ないですけど、謝られたからと言ってすぐに許すことはできません。」
「そうよね。すぐに許してとは言わない。でも、時間がたってもどうしても許せなかったら言って。私ここを去るから。」
許せなかったら言って?これって、私が言えないこと分かってて言ってるよね?と心の中で思う。
「なんですか?その上から目線な言い方。」
「上から目線だなんて・・・そんなつもりは全然ないの。ただ言い訳がましいけど、これからの生活が不安で・・・。dckumaさんには言えないけど、Mの仕事も決まらないし、借金して生活するのも限界があるし、いつまでもdckumaさんに甘えるわけいかないし、そんなこと考えてたら自分が邪魔じゃないかと思って。昨日鍵がかかっていた時そんな気持ちが爆発して締め出された!と思ってしまったの。本当にごめんなさい。」
「でも、鍵が原因だとしても怒りの矛先を私に向けたということは普段から私に対してそういった思いがあったからですよね?」
「そんなことは決してない。昨日は本当に私がどうかしてた。自分でもなんであんなことを言ったのか、夜になって自分に腹が立ったし、恥ずかしくて朝は顔も出せなかった」
「昨日は特にハル君が3日間病児保育に通って、明日熱が出たら4日目はどこの病児に預けようか考えたり、Mが内定をもらったからそれについても話さなければならなかったのにお義母さんのせいでそれどころじゃなくなったんですよ。いい加減大人になってください。今までにも何度もこういったことありましたよね?自分一人で勝手に邪魔だと思い込んで。Mと結婚した時からお義母さんの面倒をみなきゃいけないと思ってたし、追いだそうだなんて思ったことありません。私なりに努力していたつもりでしたが、あんな態度取られて、申し訳ないですけど、すぐに気持ちを切り替えることはできません」
「dckumaさんがいろいろしてくれたことはよくわかってる。許してもらえないかもしれないけど、これまで通りにさせてください。それでもだめだったら、本当に言って。出ていくようにするから」

こんな感じで終了した。
昨年5月ごろの出来事のため、↑のやりとりも端折ったもの。
義母に言われたことも先日書いた内容よりももっとたくさんあった。
書いているうちにいろいろ思い出してきて、すっきりするつもりで書いたのに逆に当時の気持ちが蘇ってきて、気分が滅入ったりもした。
そのくらい今も私の心に深い傷となっている。

そして、その後・・・についてはまた今度。

[PR]
# by dckuma | 2018-02-13 22:16 | かぞくのこと | Comments(4)

バトル

ずっと書こうかどうか悩んでいたことがある。
我が家に起こったとある騒動について。
ためらっていた理由は自分の黒い部分が前面にでてしまうのではないか、ということ。
でも、騒動から数か月経ち、自分も冷静になれたこと、やっぱり吐き出すことは自分の心の健康につながると思い、書くことにした。

その騒動とは・・・

旦那が無職になり、約2ヵ月が経とうとしていたある日の夕方のこと。
その日はハル君が熱をだし、自分の病院の病児保育に預け、また旦那から一社内定をもらったという報告を受けた、いつもと違う日だった。
ハル君をピックアップし、いそいそと家に帰った私は、家に入ると、いつものように玄関のカギを閉めた。

いつもこの時間は義母が夕食の準備をしているのだが、その日は夕食を作り終え、一時的に隣の自分の部屋に戻っているようだった。
家に入ると、旦那は早速内定をもらった会社についての本題に入った。
私はハル君の夕食を作り、食べさせながら、その話を聞いた。

すると、しばらくして、玄関のドアノブをガチャガチャ回す音が聞こえた。
義母だ。
鍵が開いていない時は、すぐに自分の部屋に戻って鍵を取りに行く。
私たちが玄関のドアを開けに行くのも義母が部屋に鍵を取りに行くのもそんなに時間的差はなく、特にこの日は旦那との話を優先した。

しかし、「すぐに」戻ってくると思っていた義母は戻ってこなかった。
それよりも内定の話の方が大事。
義母もそのことは知っていたし、わかっているはずだ。

それから15分以上経ち、再び玄関のドアノブをガチャガチャと回す音が聞こえた。
1回目に来た時に鍵掛かっているの知ってるのになんで鍵をもってこないんだろう?
うちの家に忘れてるとか?
義母が我が家に来た時にいつも鍵を置いている場所を見てみたが見当たらない。
様子がおかしいため、さすがに2回目はドアを開けに行ったが、開けた時には義母の姿はなかった。
そして、今度は鍵をかけずにそのままにしておいた。

だが、義母の3回目の訪問はなかった。
夕ご飯も作ってくれているようだったし、いつもだったら、我が家にきてみんなで食事を食べている時間。
それなのにやってこない。
内定の話を中断し、旦那に義母の様子を見に行ってもらうことにした。

そして、すぐに旦那が戻ってきた。

「なんか・・・すごく怒ってる」
「え?なんで??」
「鍵を締められたからって」
「は?私がたぶんいつもの癖で締めただけなんだけど?なんでそんなことで怒るの?」
「よくわからん・・・」

というやりとりをしている最中、凄い勢いで、ドアを開けて義母が入ってきた。

「夕食の準備している間に鍵なんてかけてほしいねん!」
「ちょっと5分だけ自分の部屋にいっただけなのに!」

など剣幕でまくしたてた。
その声で泣き出すハル君。

「私はもともと鍵をかける習慣があるんです。でも、夕食の準備中はいったりきたりするだろうからと思って、かけないようにしてたんですが、たまたま無意識にかけちゃっただけじゃないですか」
「ああ、知ってるよ。いちいちいろんなところきっちり鍵かけてるもんね。しかも、たった5分ほど隣にいってる間に!」
「5分ほどって言われても、私にはわからないじゃないですか」
「それならM(旦那)が悪い。アンタが鍵をかけないように言えばいいじゃないの!」
「Mさんは関係ありません。私が鍵をかけてるかどうかなんて見てないですよ!」
「ああそう。鍵でもなんでもかければいい!二度とこの家には来ない!!」

そう叫んで、義母は我が家を出て行った。

私は悔しさと悲しさで涙があふれた。
それを見たハル君はびっくりしたように泣き止んだ。
と同時に、このやりとりの間、口をださなかった旦那に腹も立った。

「何あの態度?鍵をしめることがそんなに悪いわけ?熱だしたハル君かかえて帰ってきて、無意識的に鍵かけただけじゃん。しかも、なんでアナタはなにも言わないの!?」

すると、旦那は・・・

「うちの母親が100%悪い。とんでもないことをしてくれたと思ってるよ。でも、母親の性格上今いろいろ言っても、火に油を注ぐだけ。もう少し時間が経ったら俺が話してくる」

そして、1時間ほど経って旦那は義母の部屋に行った。
だが、すぐ戻ってきた。

「全然あかん。行ったら酒飲んでた。アレ昔からやねん。何かあると酒を飲んで、俺と喧嘩する。ああいうときはほんと何言ってもダメ。中学校の頃何度親を殺したいと思ったことか。」
「明日になったらもうちょっと冷静になると思うから、それまで待って」

旦那にとってこのようなことは「初めて」ではないんだな、と知った。
それでも自分の親、許せることはあるだろう。
でも、私は・・・。

その日はもちろん夕ご飯ものどを通らず、肝心の旦那の内定話もろくにできず、眠れない夜を過ごした。
ハル君の体調が回復していたことだけが、唯一の救いだった。

つづく

[PR]
# by dckuma | 2018-01-18 22:41 | かぞくのこと | Comments(4)

新年あけましておめでとうございます

皆様、新年あけましておめでとうございます。

2016年、7年は私個人としては比較的安定した一年でした。
でも、旦那のことで一喜一憂する日々。
まだまだ2017年のことで書けていないことはありますが、2018年はきっといい年になるはず!!

今年もよろしくお願いいたします。

[PR]
# by dckuma | 2018-01-07 12:18 | ひとりごと | Comments(4)

妻として、母として、医師として