ブログトップ

Life will be beautiful

4度目の正直

久しぶりの旦那ネタ。
あれからいろいーろありました。

昨年の今頃、20年勤めた会社をやめ、福岡に来るきっかけとなった会社を辞め、3個目の会社Jに就職した。
Jはこれまで経験したことのない営業手法で、旦那はなかなか馴染めなかった。
だけど、失業手当をもらい切った状態では、さらに仕事を辞めていいよとは私も言えなかった。
だって、その当時、私もパートぐらいしかしてなかったからねぇ。

なので、旦那は仕事の合間を縫って転職活動を行った。
でも、会社でのストレスが強すぎて、退社後の転職活動になかなか力を入れられず、ため息や会社の愚痴は言うけれど、何もしない、、、みたいな日もしばしばあった。
私からするとそんなに会社辞めたいなら、ちゃっちゃと本腰入れて、職探しすればいいのにと思うことも多く、それが原因で喧嘩することも多々あった。

そんなある日の週末。
私はハル君を連れて実家へ帰っていた。
すると、珍しく旦那から電話が。
帰省なんていつも数日なので、電話がかかってくることなんかないのに、よっぽどの緊急事態。
ハル君を両親に預け、部屋を移動し電話に出ると・・・。

「ちょっとこの数日いろいろあって、転職の話が舞い込んできた」
「???」
「今までとは全然違って、建築関係なんだけど」
「けんちくかんけー?って、どこからその話がでてきたの??」

話の出所は義母であった。
どうやら宗教仲間に雑談的に息子の転職活動を話したところ、そのうち一人が、自分のいとこが経営する会社で働いてみないか?となったらしい。
その話を聞いた翌日が週末だったため、旦那は早速その’いとこ’の社長のところへ面談に行った。
そして、私は面談に行った夜にその話を聞かされたのだ。

「建築関係って具体的にはどんなことするの?」
「建物を建てる前の地盤調査の会社みたい。ボーリングとかするらしい。建築業界は今忙しい割に若手が入らなくて困ってるみたい。一から教えるから将来の現場監督を目指して頑張ってみないかって言われた。それに必要な資格もすべてこの数年で取れるようにした方がいいとも言われた。今の会社にいても自分の成長につながるとも思えないし、全く違う職種だけど、資格を取れれば自分にとってもプラスになるし、いいかなと思ってる。どう?」
「どうって言われても。給料とか出勤日、福利厚生とか、その辺はどうなの?」
「いきなり給料がどうかとか聞くのもどうかなと思って具体的には聞いていないんだけど、●●万円ぐらいらしい。で、土曜日出勤や祝日出勤も時々あるらしい。ボーナスも少しはでるとか。保険とかはあるよ」
「・・・そんなアバウトでいいの?給料、福利厚生、就業日、ちゃんときかないと。資格が取れる仕事なのはいいけど、これまでハローワークで見もしなかったような職種でしょ?なんともいえない」

私としては在職中の転職活動は認めてたし、そのままスムーズに職に就けるのであれば、それはいいと思っていた。
でも、全く考えてもいなかった毛色の違う職種への転職はかなり慎重になるべきである。
当然疑問をたくさん投げかける私。
すると・・・

「応援してくれないんだね」

・・・・。
応援もへったくれも今回転職すれば、3回目ですよ。
そりゃ経験したことない職種への転職は「やってみないとわからない」ってのはわかる。
でも、だからこそわからないこと、不安なことは最低限とっぱらって踏み込みたいじゃないですか。

「反対してるわけじゃないけど・・・じゃ、やっていけそうなんだね」
「今の会社よりは自分の為になると思うし、何があってもがんばろうと思っている」

もう旦那の心の中では「転職」は決まっていた。
私と相談するというのは悩んでいるからでもなんでもなく私に最後の一押しをしてもらいたかったから。

とりあえずその場は私が自宅に戻ってから話し合うことにし、電話を切った。

だが、この流れ、私はもう一つ心配していることがあった・・・。

つづく

[PR]
# by dckuma | 2017-09-17 14:09 | かぞくのこと | Comments(0)

うらやましい

私のフェイスブック友達は知っている人しか登録されていない。
だけど、その関係性はそれぞれ違い、稀薄な人から密に連絡を取っている人まで様々だ。

で、先日のこと。

以前勤めていた病院で何度か話したことがある女医さんが非常に久しぶりにFBに記事をアップしていた。
彼女とはみんなが集まる飲み会で顔を合わせる程度で、どういういきさつでその病院にきたのか、私が去った後、どうしてたのかなど全く知らなかった。
ただ私の印象に残っていたのは知的で快活な人というイメージ。
私のように陰湿さはあまり持ち合わせてないような人に見え、逆にさわやかすぎて私には近づきがたい存在であった。

そんな彼女の超久しぶりの投稿。
私からすると、約7年ぶりの再会のようなもの。
私にとって怒涛の7年だったけど、当然7年あれば人はいくらでも変貌を遂げる。

そして彼女はこの7年の間に眩しすぎて正面視できないほどの素敵女子にパワーアップしていた。

私がいろんな壁に自ら体当たりしていた間、彼女は2児の母となり、忙しい家事と仕事の合間に起業の勉強をし、最終的には起業を実現させていた。
そして、彼女はFBやブログを通じて発信し、私はそのことを知ることとなったのだ。

ああどうして、同じ女医でもこうも違うのであろう。
年齢もそんなに変わらないし、二人も子供がいる。
ブログを拝見する限り、旦那さんが積極的に育児に参加しているわけでもなさそうだし、協力してくれそうな家族が近くにいるわけでもない。
むしろ環境的には私より悪条件。
なのに。。。

どんな環境でもアグレッシブな人間でありたい、と常に思っている。
そして、自分はそれを実践してる方かなという自負があった。
しかし、蓋を開けてみれば、私みたいな人間は掃いて捨てるほどおり、いわゆるアグレッシブな人は雲の上にいた。

上を見たらキリがないのかもしれないけど・・・。
最近はうらやましさを通り過ぎて、妬ましく思っている自分がいる。
そんな自分に嫌悪感を抱く今日この頃。

[PR]
# by dckuma | 2017-08-21 23:01 | ひとりごと | Comments(4)

時短とウォッシャブル

先日、速やかに海外旅行に行けるようにと子供のパスポートを作った。
ちょうど私のパスポートも今年切れるため、ついでに更新。

そして、出来上がったパスポートを取りに行った。
その時に私の古いパスポートも返してもらえるのだが、10年前の自分の写真と比較して、愕然。

ワタシ、フケテル・・・・。

まぁ30歳と40歳に差が出るのは致し方ないのだが、気持ちはまだ20代の私には客観的に自分の姿をみることはなかなか酷なこと(笑)
子供を産む前から自分の体型の変化には気づいていたが、出産後はますます増悪。
洋服も気づけば腰回りを隠すようなファッションばかりだし、髪もいつも結んだまま。
30歳の私はオフタイムには髪をおろし、華やかなワンピースやスカートに身をまとっていた。
化粧はもともとシンプルだが、アイラインにマスカラまでちゃんとしていた。

だが、今の私はどうであろう。
ただでさえ年齢と産後太りが私の首を絞めているというのに、この手の抜きようたるもの甚だしい。
化粧直しなんてしたことないし、ってか直すための化粧すら持ち歩いてないし、ファッションは「お前はミニマリストか!」的なワンパターン。

これではいけない。

でも、時間がない。

どうしたらいいの??

そして、行きついた先は時短!

ってかそんな画期的なアイディアでもなんでもないんだけど、とにかく時短にこだわり、美容グッズを選択。

まずは洗顔。
これまではクレンジング→洗顔だったが、こちらをダブル洗顔不要のクレンジングに変更。
skinvillのホットクレンジングジェルにした。
以前にドクターシーラボの似たような温感クレンジングジェルを使っていたが、skinvillの方がたっぷり入っているのにお値段も安いし、コスパがいい。
クレンジングついでにこの温感効果を利用してマッサージもするとなかなかお肌がいい感じ。

次にシャンプー。
できるだけシャンプーの時間を短くするため、リンスインシャンプーを使っていたこともあったが、あまり地肌にはよくないとのこと。
で、リンスの要らないシャンプーっていうのを最近目にするようになったので、まずはKLASSEというシャンプーをトライ。
オーガニック系のノンシリコンシャンプー。
思っていたよりも泡立ちがよくて気に入っていたのだが、潤いにいまひとつ欠けるため、もっといいのないかな、と他のシャンプーを探した。
そして、次にたどりついたのが、ロレアルパリのノーシャンプー。
泡立たないシャンプーなのだが、トリートメント機能まで兼ね備えている。
香りもいいし、泡立たないことに不安はあったが、思っていたよりも爽快感あるし、髪の調子もまずまずいいし、これにしよう!と決めた矢先に背中やらおでこやらに吹き出物が出現。
間違いなく、このシャンプーが原因だ。
髪にはよかったが、私の肌には合わないと判明。
再びシャンプー探しへ。
そして、最終的にたどりついたのがharu。
これもKALSSEと似たようなリンスの要らないシャンプーなのだが、泡立ちがいいだけでなく、洗った後の潤いもばっちり。
お気に入りです。

お次は基礎化粧品。
これまで使用していたのはドクターシーラボのサロン化粧品。
化粧水、美容液、保湿クリームの3点というシンプルなラインで気に入っていたのだが、今の私にとってはその3点を塗る時間すら惜しい。
ただ朝はハル君が起きる前に身支度を整えているので、朝は比較的この3点セットを利用できているのだが、夜はなんとなくずぼらに。
ってことで、最近は朝はきちんとケアして、夜はオールインワン化粧品を使うってことにしている。
何も塗らないよりマシだし。
オールインワンもドクターシーラボを使用することが多かったのだが、少し値段も高いし、他にないかな、と思っていたところ、skinvillが出していることがわかり、試してみることに。
格別いいってわけでもないが、劣ってもいない感じ。
昔パーフェクトワンが大のお気に入りだったので、そちらでもよかったが、クレンジングと一緒に購入できる方が楽なので、オールインワンもskinvillに決定~。

最後にメイク。
CMでみたAUBEのひと塗りアイシャドウとぽんぽんチークが気になる!
これはデパートではなく、ドラッグストアじゃないと置いてないので、AUBEの販売員のいるマツキヨへ。
ひと塗りアイシャドウは付属のブラシでひと塗りすれば簡単にグラデーションができる。
と、謳ってはいるが、実際はアイホールドに下地クリームを塗って、ブラシで一塗り、二塗りして、最後にアイラインに濃いめのパウダーを塗る、3ステップ。
でも、一つのパレット内にすべて入っているので、手軽なのは手軽である。

そして、ぽんぽんチーク。
ドーム状のスポンジの下にチークの粉が入っており、ポンポンと頬にのせるとチークがつく仕組み。
しかも、チークをのせる位置を決めるガイド付き。
確かに手軽である。

ただこの二つ。
やや薄付き。
がっつりメイクが好みの人にはむいてません。
もともと薄めな私にはちょうどいいかも。

で、この二つを使ってみた感想。
アイシャドウは結構気に入っているけど、ポンポンチークは今一つかも。
というのは粉の出方がまばらで、右は濃いけど左は薄い、みたいなアンバランスが生じるのだ。
そこまで手間でもないし、使い終わったらチークは普通のものにしようかな。

って感じで、私の時短美容をご紹介。

少しでも若く見られたいというのは女性にとって永遠のテーマ。
何もしないよりマシととらえて、手抜きだけど、これ以上怠らず、自分磨きにも励みます★


[PR]
# by dckuma | 2017-08-11 23:31 | ひとりごと | Comments(2)

わかったこと

仕事復帰して4ヵ月がたった。

現在勤務時間は30分早退の時短勤務。
そうしないとハル君の保育園のお迎えに間に合わないからだ。

たった30分・・・と思っていたが、よく考えてみれば、子供がいないときは定時に帰ったことなんてほとんどなかった。
2-3時間のオーバーは普通だったし、午前様だってしばしばあった。
だから体感的には数時間も早く仕事を切り上げて帰っている気分。

で、時短勤務をして気づいたことは・・・「仕事が終わらない!」ってこと。
帰宅する16時45分までにすべての業務を終えるということがどんなに大変か・・・。
仕事を始めた当初は「今日の仕事6割ぐらいしかできてないかも」と思うこともしばしばあった。
もちろん患者さんには迷惑をかけないように必要最低限のことは行ってはいる。
でも、研修医や上司の先生に仕事をいくつかお願いして帰る始末。
みんな快く受けてくれてるけど、申し訳なさが勝ってしまう。。。

そして、翌日仕事にきて、私の知らないイベントが起こってたりすると、若干の疎外感・・・。
規則正しい生活がおくれるという意味ではこの勤務体制は確かにいい。
昔はわかってはいても、時短勤務の人に「うらやましい」と思ったこともあった。
でも、今自分がその立場になってわかったことは「うらやましくなんかない!!」ってこと。
時間が許すのであれば、もう少し働きたい!
しかも、早く家に帰ったって家事育児三昧だし!

でもね、こう思えるのもハル君のおかげ。
時間の大切さ、仕事の楽しさ、一時的に一線から身をひいたことで、今すごく実感することができている。
仕事も家事も育児も自分一人で100%なんてムリ。
程よく人の手を借りながら、時にはちょっぴし息抜きして、今自分ができる精一杯を頑張っていこう、そう決意したdckumaでした。


[PR]
# by dckuma | 2017-07-13 23:13 | しごとのこと | Comments(0)

私の1日

今日は備忘録的に自分の1日を書いてみる。

6時20分起床。
身支度を整えて、6時45分にハル君を起こす。
義母や旦那にハル君の着替えをまかせ、その間にハル君の朝ごはんづくり。
7時頃に義母や旦那に朝ごはんを食べさせてもらいながら、私は適当に朝食を済ます。
7時25分ごろにハル君を車に乗せて、出発。
7時半過ぎに保育園にハル君を預けて、職場へ。
8時すぎに病院到着。

白衣に着替えて、入院患者さんのカルテチェック。
8時20分ごろから回診。
9時までカルテを書いて、9時になったら、検査もしくは外来へ。
外来日は大体ノンストップで14時~15時まで外来にいるので、その後入院患者さんを回診して、指示出し、カルテ書きなどして、16時45分に退社。

保育園に17時30分前後に到着し、ハル君をピックアップ。
帰宅後、ハル君の夕食作り。
その間、義母か旦那にハル君のお世話をしてもらう。
18時過ぎにハル君にご飯をたべさせてもらい、私は保育園の荷物や洗濯物などのお片付け。
18時半ごろに大人は義母に作ってもらった夕ご飯を食べる。
でも、けっこうハル君がぐずることが多く、相手をしながら急いでお食事。

食事が終わったら、食事の片づけや家事の続きを行い、20時ー21時の間に、旦那にハル君をお風呂に入れてもらう。
この時間が私にとって第1回プチ休憩時間。
最近は旦那がハル君とお風呂で遊んでくれるので、最初は10分程度だった時間も今や30分ぐらいに。

ハル君がお風呂からあがったら、遊ばせながら、明日の保育園の準備を行う。
21時半ごろになったらハル君の歯を磨いて、旦那に寝かしつけをしてもらう。
その間に私はお風呂へ。

入浴後、ハル君が寝ていれば、そこからは二人の時間だが、寝ていなければ、時々寝かしつけをバトンタッチ。
最近は昼間にいかに遊んだかで寝る時間が異なる。
今日はもうすぐ23時なのにまだ起きている・・・。
明日の朝が心配だ。

ハル君が寝た後は雑用したり、ネットしたり、テレビみたり、好きなことの時間。
長年連れ添った夫婦並みに夫婦の会話はかなり少ないが、この寝る前の一時、お互いエンジョイしている。

そして、0時ごろ就寝。

これが私の1日。
タイムスケジュールが書けちゃうぐらい平日はほぼ↑の感じ。
書いてみると、けっこう旦那の協力で助かっている部分はある。
旦那様、これからもよろしくお願いします!


[PR]
# by dckuma | 2017-06-26 23:00 | ひとりごと | Comments(4)

妻として、母として、医師として